ファンド詳細

運用中 三陸オーシャンほやファンド

ほやおやじの志 - 復活への道

一口金額10,500円 募集総額10,000,000円
事業者名株式会社三陸オーシャン 参加人数 337人
地域宮城県 仙台市 分野漁業・水産加工
募集期間2012年6月8日~
2013年7月31日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
【ご出資いただいた方全員】
・「ほやっぴーのほやほやセット」を1セット
 (赤ほや塩から90g瓶、赤ほや三升漬90g瓶の各1瓶の2本セット)

・「ほやクルーズ」企画へのご参加のご案内。
 「ほやクルーズ」では、漁船に乗って養殖場を見学していただき、
 新鮮なとれたてのほやを召し上がっていただきます。
 交通費、船代は各自のご負担となります。

【3口または4口ご出資いただいた方】
上記(1)に加え、「三陸の殻付きほやとむき身セット」を1セット
(新鮮な生ほやの産地直送です)。

【5口以上ご出資いただいた方】
上記(1)に加え、「三陸の殻付きほやとむき身セット」を
1セット及び三陸産ほやを用いた加工品をお送りします。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 三陸オーシャンほやファンド
営業者 株式会社三陸オーシャン
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 5,000,000円(1000口)
申込単位(1口あたり) 5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。
出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:50口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2012年6月8日~2013年7月31日
会計期間 2013年2月1日から2023年1月31日(10年)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配方法 分配金は一括して、最終決算日後に支払われます。
なお、分配金には劣後特約が付されています。
分配比率 会計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):売上金額の1.80%
予想リクープ平均月売上金額 3,306,878円(税込)
予想リクープ累積売上金額 277,777,778円(税込)(無分配期間を除く。)
被災前概算の平均月売上金額 2,015,833円(税込)
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、書面又は取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、
ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料(および応援金)の払込をすること
及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。

従って、出資金、出資金取扱手数料(および応援金)が払込まれていても
本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

三陸オーシャンほやファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は第三者に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が10年と比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約および匿名組合員である立場にかかる取引市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.資本性借入金の取扱いの変更に関するリスク

出資金は十分な資本的性質が認められる借入金として営業者の会計上資本に計上されますが、十分な資本的性質が認められる借入金に該当するための要件に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、営業者の財務諸表が悪化し、金融機関からの新規借入れ又は借り換えが困難になることから営業者の事業に悪影響を及ぼす可能性があります。

5.営業者の信用リスク及び債務超過に陥るリスク

営業者は、現在債務超過に陥っており、その場合に営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約では、分配金額の支払いが、最終の決算後に一括して行われ、それまでの毎年の分配金額は当該支払いの時点まで営業者に留保されているため、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

6.製造・販売商品の製造委託先に関するリスク

営業者は、営業者が販売する水産加工品の製造を全面的に水産加工会社へ委託する予定です。このように営業者が販売する水産加工品はその製造を第三者である製造委託先に依存することになるため、営業者による本匿名組合事業の経営は製造委託先の経営状態によって影響を受けるリスクがあります。すなわち、製造委託先の経営状態の悪化に起因して同社が委託された商品の製造を行うことができなくなった場合、その結果、営業者が当該販売商品の調達先を失うこととなり、事業計画の変更を余儀なくされ、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。また、製造委託先に対して支払うべき委託製造費が、水産加工品の原料の仕入価格や委託加工料の金額等の値上げによって上昇し、その結果、営業者による商品の販売収益が減少するリスクがあります。

7.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

8.販売先の信用リスク

本匿名組合事業にかかる商品の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9.クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

10.営業者の経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。

11.営業の再開又は継続が予想どおりなされないリスク

需要が増加することによる建築資材の調達不足により建物や必要な施設等の新設・補修が遅れることで、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。また、被災地域が今後行政による地盤のかさ上げ等整備事業の対象とされる可能性があり、その場合には、施設等の移転が必要となる可能性もあります。そのため、施設等の新設・補修が遅れ、あるいはこれが困難となり、事業の開始、再開又は継続に支障を生じ、事業計画の大幅な見直しが必要になるリスクがあります。さらに、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の開始又は継続に必要な最低限の設備費用等を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。

12.地域の復興が遅れるリスク

営業者の被災前の取引先の廃業、被災地域の復興の遅れ、人口流出や国内外からの訪問者の減少、あるいは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びないことなどにより、商品の製造・生産・販売が開始されても、既存の販売先の維持や新規の売り先が確保できず、事業計画を達成できないリスクがあります。また、政治の混乱、政治政策の予期せぬ変更により地域の復興が遅れ、事業の再開、あるいは、継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

13.原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中および海水中に放出された放射性物質により、海水や土壌その他商品の原料となる水産物・農産物等が汚染され、あるいは、汚染されているのではないかという過度の懸念のために、商品が売れなくなるリスクがあります。また、それらの被害が拡大した場合には、結果として当該商品そのものの取扱いができなくなり、事業の再開・継続が不可能になるというリスクがあります。

14.大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、または、天候不順や病害虫の発生などの自然環境に起因するその他の要因により、事業の継続が困難になるリスクがあります。また既に発生した地震・津波による営業者以外の者への損害・損失などに関連して生じ得る営業者の事業への悪影響についても、未だその把握が十分ではなく、又は客観的に顕在化していない可能性があり、これらの損害・損失等に関連する悪影響が現状の予測を超え、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15.製造・販売商品の品質確保・維持に関するリスク

営業者の販売する水産加工品の製造元において津波により商品製造に必要な独自の技術や機材が流出し、商品の品質確保・維持ができず、顧客が減少するリスクがあります。また、津波や放射能などの影響によって水質および水産物の生育環境が変化し、商品の品質が維持できない、あるいは製造できない状況が生じるリスクがあります。

16.暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し営業活動ができないリスクがあります。

17.被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

18.風評被害によるリスク

原発事故や伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

19.資金繰りが悪化するリスク

営業者には金融機関からの借入金があり、また、新たな借入れも予定しています。復興後、収益性の悪化により借入金に対する返済が滞った場合、あるいは追加の借入れが行えなくなった場合などには、計画通りの仕入・製造・生産・販売が行えず、経営の存続性に影響を与える可能性があります。また、既存借入れに対して、金融機関から返済条件の変更が認められず、または、金融機関からの返済条件の変更により、あるいは今後事業を継続するうえでさらに借入れが必要となった際の追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

20.補償等を受けられないリスク

津波で被った損害に対して、十分な補償を受けられず、その結果、事業へ悪影響が生じるリスクがあります。

21.特典の進呈を行うことのできない又は変更するリスク

業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

22.製造・販売商品の調達に関するリスク

震災の影響や天候不順等の理由により、営業者や営業者の販売する水産加工品の製造委託先において商品に必要な原材料や包装資材等の調達ができない、遅れる、価格が高騰する等により、商品の製造・生産・販売を予定どおりに行うことができないリスクがあります。特に、本匿名組合事業はほやを原材料とする商品を中心に扱うため、事業計画の実現に必要となる十分な量のほやの供給が確保できない場合、事業の継続が困難となるリスクがあります。また、三陸のほやが、営業者において目途としている3年後までに復活しなかったり、または、べん毛虫その他の原因に起因して死滅した場合等、原材料の供給が確保できず事業の継続が困難となるリスクがあります。さらに、これらの影響により販売価格の値上げを余儀なくされ、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

23.嗜好品の消費が停滞するリスク

営業者が販売する商品にはいわゆる嗜好性が強いものが含まれており、これらは被災地の復興時に必ず消費が予想される生活必需品とは異なります。そのため消費者が営業者の商品を購入することを控えるなど、消費者の消費が停滞し、商品が十分に売れないリスクがあります。

24. 許認可等に関するリスク

本匿名組合事業の実施にあたっては、食品衛生法等関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に営業許可等の許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

25.新規事業に伴うリスク並びに新商品開発及び販路拡大に伴うリスク

営業者は、飲食店運営については事業実績がないため、本匿名組合事業のうち一部は新規事業に当たります。そのため、既存事業にかかる運営体制の構築・維持あるいは製造・生産・販売する商品の安定的な調達のみならず、飲食店事業の安定的な運営を図るまでに予想外の時間を要する可能性があります。また、かかる新規事業の認知度が拡大せず、飲食店事業の運営に支障を来たし、かかる事業の継続自体が困難になる可能性があります。さらに、本匿名組合事業では、より付加価値の高い新商品開発及び新規販売先への販路拡大も予定していますが、これらの商品開発及び販路拡大に予想外の時間又は費用を要したり、差別化が十分にできない可能性があります。これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

26. 販売先・競業他社によるリスク

営業者の本匿名組合事業にかかる商品を販売する小売店または飲食店が取扱商品を変更した場合、本匿名組合事業にかかる営業者の売上が低迷するリスクがあります。また、他社が本匿名組合事業と競業する事業を開始・展開することにより、本匿名組合事業にかかる売上が低迷し、あるいは事業の継続が困難となるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



【営業者コメント】
(事業計画の売上を実現していく上での営業方針)
約3年後に三陸のほやが復活するまでの間は、赤ほやの特性を生かした商品の開発を行います。営業者としては、収益の面からもほやを中心に取り扱い、早期にほや部門の売上を3,000万円台に乗せることを目指します。かかる目標を達成するため、食品商社、水産卸会社、食材販売会社への新規販路の開拓に努め、少ない人的資源で飲食店ルート及び量販ルートへの拡販を図ります。特に、大手飲食店チェーンや県内観光地のお土産店、高速道路の他県サービスエリアへの販路も積極的に開拓します。

(計画どおりにならないリスク)
・事業計画の実現に必要な量の赤ほやを確保できないリスク、三陸のほやの成長度合いや震災前に三陸で猛威を奮ったべん毛虫によるほやの死滅等により十分な量の三陸のほやを確保できないリスク、大手飲食店のメニューの変更によりほやの取扱いが減少するリスクがあります。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・会計計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):
 売上金額×分配比率0.00%×1口/募集最大総口数

・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):
 売上金額×分配比率1.80%×1口/募集最大総口数

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 5,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口5,000円の出資金に対し、1口分配金額が5,000円となる時点を償還率100%としています。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2012年6月8日~2013年7月31日(※)

(※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
(※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
2 会計期間 2013年2月1日から2023年1月31日(10年)
3 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日まで
4 決算日 1月31日(最終決算日は会計期間終了日)
5 報告日 決算日より90日以内
6 分配日 分配金は一括して、最終決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2012年5月31日現在)

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2012年5月31日現在)

このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 三陸オーシャンほやファンド

復興にあたり

脱サラ後、起業して5年間ほやの研究と試作に励み、6年目にしてやっと成果が出始めた矢先の震災でした。ほやが成長するまで3~4年の歳月が必要とされます。万事休す。会社を存続させるのか否か悩んでいました。

震災から3週間後、やっとほやの養殖をしている漁師に会うも、家、養殖いかだ、船、作業場もすべて流され途方に暮れていました。その姿を見て「何とか力になりたい」と強く思いました。なんとしても自分の会社を存続させ、漁師のほやができる頃には立派な加工品を作れる会社にしたい。

現在還暦の60歳。これから3~4年後のホヤ製造のことを考えるにつけ、「ほやに生涯を捧げる気持ちで一生働こう」と決意しました。

その後、販路先の高速道路売店などに白石の温麺や米麺を仕入れ販売を開始しました。2011年の7月より北海道の赤ほやを仕入れ仙台の水産加工会社で製造。従来の販路に加えFOODEXJAPANなどに出店し、新しい販路を開拓しています。また全国の復興イベントにも積極的に出店し、経営の安定化に努めています。

株式会社三陸オーシャン 代表取締役 木村達男
 

会社紹介

三陸オーシャンは、代表者の木村達男が長年勤めた会社を退職して2005年2月に設立した会社です。三陸のほやにこだわりを持って商品開発を行い、2010年頃より、高速道路のサービスエリアや仙台を中心とする飲食店(約150店)に販路を拡大し始めていたところ、その矢先に震災により被災しました。三陸のほやが復活するまでには3年以上かかるといわれていることから、現在は、北海道の赤ほやを使った商品開発を行い、販路の拡大を行っています。


           (外部サイト)

ほやは生食の文化が根強いため、その形状と鮮度が問題となる嗜好性の強い食材です。営業者は、全国の生産量の約8割を占める宮城特産のほやをより多くの人に誤解ないように食べていただくため、初心者用・中級者用など、商品数では業界トップとなる12種類もの商品開発を行ってきました。こうした取り組みをきっかけに、2005年には、グランドプリンスホテル高輪で、創業以来初めてほや料理が提供されることにつながりました。

木村は、2010年7月に開催された「第1回世界ほやエキスポin石巻」に実行委員として参画し、地元漁師30人の協力によるほやクルーズなどを担当し、約8,000人が参加する賑わいとなりました。また、ほやをテーマに講演活動も行っており、高校のキャリア教育セミナーに際しては20校以上において講演を行った実績があり、地元では「ほやおやじ」としても親しまれています。また、さらにほやの可能性を探るべく、月1回「ホヤホヤバー」を開催してほやのフルコースを提供していますが、多くのほやファンで盛況となっており、また、数多くの新レシピも生み出しています。
 

     三陸オーシャン(外部サイト)

     三陸ほやっぴー!(外部サイト)

被災地からのレポート

被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
>>被災地からのレポート

被災状況

提携先である女川町の工場が被災し、営業者の所有する原材料、製品、製造機器などが流失しました。

復興計画

(1) 新商品の開発
2012年夏までに、夏ギフト・お土産用に「ほやっぴーのほやほやセット」(箱入れの瓶詰)、飲食店用にバター焼き用赤ほやの味噌漬、ほや味噌を商品化し、販売を開始する予定です。

(2) 販路の開拓
2012年中に、卸会社10社以上を目標として新規販路の開拓を行い、インターネット通販(楽天BB、ヤフー復興デパート、自社ネット)も充実させる予定です。なお、現在までに3社への新規販路の開拓を達成しています。

(3) ほや料理専門店の開店
三陸のほやが復活する3年後を目途に、ほやのフルコースを提供する飲食店を開業する予定です。
 

本匿名組合事業について

水産加工品の製造・販売事業、食料品の販売事業及び飲食店運営事業

ファンド資金使途

募集最大総額の出資金の使途として、次を予定しております(なお、合計金額は、応援金を加えた額となっております。

(注1)出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注2)合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には分配の際に返還させていただきます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用等につきましては、営業者が負担します。

投資家特典

希望する匿名組合員に対して、契約期間中、以下の特典を設けております。なお、特典は営業者の都合により内容が変更される場合や、特典の実施ができなくなる場合もあることにご留意ください。

(1) ご出資いただいた方全員に「ほやっぴーのほやほやセット」を1セット(赤ほや塩から90g瓶、赤ほや三升漬90g瓶の各1瓶の2本セット)お送りします。

(2) 3口または4口ご出資いただいた方には上記(1)に加え、三陸のほやが復活したときに、「三陸の殻付きほやとむき身セット」を1セットお送りします(新鮮な生ほやの産地直送です。)。

(3) 5口以上ご出資いただいた方には、上記(1)に加え、三陸のほやが復活したときに、「三陸の殻付きほやとむき身セット」を1セット及び三陸産ほやを用いた加工品をお送りします。

(4) ご出資いただいた方全員に「ほやクルーズ」企画へのご参加のご案内をいたします。「ほやクルーズ」では、漁船に乗って養殖場を見学していただき、新鮮なとれたてのほやを召し上がっていただきます。交通費、船代は各自のご負担となります。
 
※ (1)については2012年中、(2)、(3)及び(4)については2014年中の送付・実施を予定しておりますが、いずれの特典も、水揚げの状況等により、翌年以降にさせていただく場合がございます。詳細につきましては、準備が整いました時点でご案内いたします。
※ 特典のセット内容は、変更になる場合がございます。
※ 特典の海外への発送は予定しておりません。

2013年 03月

2013年3月27日 15:47来年いよいよ三陸の真ボヤが復活!今後の資金使途のご説明

 被災地からのレポート

来年はいよいよ三陸の真ボヤの復活です。
 
震災後、ホヤの養殖棚や船が流されたため三陸のホヤを
食べることはできませんでしたが、養殖を再開してから3年後となる2014年、
ようやく成長した真ボヤを採れるようになります。

新製品もあれやこれやと考えていますが、3年間の思いを込め、
皆さんに感動していただける商品を出したいと思います。
皆さんから頂いたご支援に対し、感謝の気持ちを伝えるのはこれしかないと思います。
あと1年、しっかり準備いたします。


今日は、今後必要な資金の使途をご説明させていただきます。
------- 
使途は大きく分けて2つです。
 
◆1.設備費
ホヤ専用の(1)熱プレス機と(2)自動カッター機を導入したいと思います。
 
(1)熱プレス機は、お客様がちぎって食べる「板ホヤ」を作るうえで
必要な機械ですが、新鮮な生ホヤが2~3分でせんべい状の「板ホヤ」になり、
高温で瞬時に焼き上げるので、香ばしくすこぶる美味しい新商品になります。
さらに常温流通なので売りやすくもなります。
ホヤ専用かつ、生から作る対応なので400-500万円程はかかりそうです。
 
(2)自動カッター機は、売れ筋のホヤジャーキーのクオリティーを高め、
さらに商品力を高めるため、板ホヤを刻み、食べやすくしたいと思います。
費用は200万円程かかりそうです。

◆2.運転資金
会社を継続させていくため、運転資金の確保が必要です。
ホヤが成長するまでもうひといきです。
 
今年度は、ホヤへのこだわりは持ちつつも、
新商品のねばとろ三昧を基に売上倍増を目指します。
幸い、先日参加したFOODEXでは、一日ボランティア社員の方々の
ご支援とご活躍のおかげで予約が5件と有望先10件いただけました。
他にも、高速道路売店は2件内定と有望先5件、
地元スーパーでは内定1件(10店舗)と有望1件(8店舗)など、
営業するたびに販路が広がってきています。
新しいアカモク(ギバサ)の生育が遅く、4月下旬の発売になりそうですが、
今からワクワクしています。

 
------- 
震災後、漁師と会い、すべてを失くし茫然としている姿を見て、この方々のためにも
「ホヤに生涯を捧げる気持ちで一生働こう」と決意しました。
 
たくさんの人に、ホヤを知ってもらい、ホヤの美味しさを伝えていきたいです。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。


===================================================
「三陸オーシャンほやファンド」の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585   

2013年3月27日 12:50ほやおやじの「漁師の鍋三昧」ツアーレポート

 被災地からのレポート

(参加者の方のレポートを追記しました!2013年3月27日)
----------------------------------------------------------------
まだご紹介していなかったレポートがありましたので、あらためてこちらにご紹介します!

<【石巻・南三陸】旨いだけじゃない。被災地の課題を知る「漁師の鍋三昧」ツアー>に参加しました
(1)大川小学校→釣石神社(2)十三浜ランチ交流会1(3)十三浜ランチ交流会2(4)南三陸
----------------------------------------------------------------

「漁師の鍋三昧」ツアー、好評終了しました。

2カ月ほど前にミュージックセキリティーズの杉山さんに提案し、今回のツアーが実現しました。復興はまだまだ時間のかかることであり、今回の目的はファンドのPRはもちろんのこと、被災地のその後を知ってほしいことと、被災地の漁師とじっくり交流し、ファンを増やしたいとの思いからです。
また、皆さまの資金が誰にどう生かされたのか、今後どのように使われるのか、実際の製品や設備、建設予定地等を見ながら、直接実感していただいたと思いました。
行程は下記の通り、ハードなスケジュールであいにく雨の一日でしたが、皆さんのご協力により素晴らしく、充実した1日となりました。

■行程■

12月15日(土)
9:30頃 仙台駅出発
車中私のほうから宮城の水産業の実態、宮城特産で不思議な食材「ほや」のことなどを説明しました。
↓  
石巻市内の大川小学校や釣石神社
・今回の震災・津波でで児童74人、(108人中)先生10人(13人中)が亡くなった大川小学校。「皆さんがこの場に居合わせたらどのように行動したでしょうか?」難しい問題です。見学中もしばし無言のみなさんでした。
・落ちそうで落ちない巨岩石を祭った神社で、今回の震災も無事であり、受験の神様としても人気が高まっています。

石巻市十三浜 (鵜の助、タツミ食品、木村水産)
ランチ交流会「漁師の鍋三昧」

・上記3社がご家族ともども一致協力し、心づくしの手料理で迎えてくれました。三種類の鍋の他、蒸しウニやあわび、イクラの醤油漬け、新鮮な刺身など食べきれないほどの料理でした。特産のめかぶ、や昆布の料理もおいしかったですね。私からはあかほやの味噌漬け串焼きを提供させていただき
「美味しい!」の一言にニンマリ。この一言が何よりの励ましになっています。ありがとうございます。
ツアー  ツアー

鵜の助  鵜の助  鵜の助

その後自己紹介などゆっくりと皆さまと交流、アルコールも入ったせいか、熱のこもった話となり、我々にとってありがたい言葉もたくさんいただきました。とにかく笑いが絶えず明るい会となり、充実した交流会となりました。おみやげもたくさんお買い上げいただき、改めて感謝申し上げます。
あいにくの天気で養殖場や定置網を船で見学するコースは中止しましたが、次回お楽しみに。
その後鵜の助さんの工場予定地、作業工場で説明を受け、タツミ食品さんのわかめ、昆布の新工場見学をしました。

十三浜のツアーレポートはこちら

鵜の助
 

南三陸町歌津(歌津小太郎)
「みなさん館」と歌津小太郎工場建設地の見学。


社長の千葉小太郎さんもあいさつに駆けつけてくれ、三陸なまりで親しみのこもるごあいさつに拍手喝采でした。バスの中では息子さんの千葉 孝浩さんが地域の復興を最優先に取り組んだこと、今後の復興計画などを説明しました。

ツアー ツアー

歌津小太郎のツアーレポートはこちら

南三陸町・さんさん商店街
山内鮮魚店、及善蒲鉾店、マルセン食品、伊藤のご紹介


それぞれの会社から復興の様子などを詳細に伺うことができました。特に及善さんの及川社長さんからさんさん商店街の代表として、「復興については我々商人が先頭に立つ」との力強い話にみなさん真剣なまなざしでうなづいていました。
私も初めてさんさん商店街に立ち寄ったのですが仮設商店街にしては素晴らしいの一言でした。あの震災から1年もたたずにここまで来たのですね。山内さんや及善さんが中心となり頑張っていることは聞いていましたが、頭が下がります。
このようなことができるのもそれぞれの会社がファンドの支えがあったからですね。皆さまの1口が大きな力となり、立派な形になっていることに驚き、感動しました。

ツアー


18:10分南三陸町を後にし、20:00仙台駅到着。帰りのバスは私も爆睡でした。
皆さんの高く、熱いお心を感じながら充実した1日となりました。厚く御礼申し上げます。今回の訪問各社同じ気持ちだと思いますが、早く良いご報告ができるよう精進いたします。ありがとうございました。


(案内人:ほやおやじこと、三陸オーシャン・木村達男)


--

■今回のツアー訪問面談先
-三陸オーシャン(ファンド募集中
-タツミ食品
-木村水産
-鵜の助(ファンド募集中
-歌津小太郎(ファンド募集中
-山内鮮魚店
-及善かまぼこ店
-マルセン食品
-伊藤

-------------------
応援ファンド

2013年3月18日 16:15出資者がお伝えします。三陸オーシャンの魅力と思い

 被災地からのレポート

先日幕張メッセで開催されたFOODEX JAPAN 2013で、
一日ボランティア社員として三陸オーシャンのブースを
お手伝いしてくださった出資者の方が、レポートを書いてくださりました。
下記にご紹介いたします。
三陸オーシャンの魅力を大変分かりやすく書いてくださっていますので、
ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------


幕張メッセで開催された、「FOODEX JAPAN 2013」(アジア最大級の食品・飲料専門展示会)。
宮城県仙台市・三陸オーシャンさんのボランティア一日社員になって行って来ました。

三陸オーシャンさんは、「三陸のほや」にこだわりを持って商品開発を行い、
世界的にも珍しい「ほや食文化」を守り伝える会社です。
 
ところが東日本大震災で、三陸のほや養殖は壊滅的な打撃を受けました。
三陸オーシャンさんも提携工場が被災し、原料や機器が流され、会社の存続も危ぶまれました。 




しかし、ほやに生涯を捧げる“ほやおやじ”木村達男社長は、あきらめない!
三陸にほやが再び成長するまでは北海道産の赤ほや原料を使用し、製品化。
「ほや食文化」を途絶えさせないよう、奮闘の日々。

一番の問題はやはり資金ぐりです。
今回は、新しい販路を求めての出展です。
そのお手伝いに、上記ファンドの出資者がボランティア一日社員となった、という次第。
 
 


主なお仕事は、試食の準備と接客です。
これは!という反応のお客さんがいたら、すかさず木村社長にバトンタッチ。
楽しかったですよ。
 
タイ料理のオーナーシェフが新しい食材を探していて、ほやに興味津々示さはったり。。
生まれて初めてほやを食べた人が「ほやって美味しいんだ!」と驚かれたり。
私もいろんな意味で、とっても勉強になりました。
木村社長の報告はこちら
 
 


そしてお土産にいただいたのがこちら、三陸オーシャンさんの新製品。
「ねばとろ三昧」です。
ほや製品だけではなかなか売上げが大きく上がらないとのことで、
誰にでも食べやすい三陸の海の幸を組み合わせました。 




「ぎばさ(アカモク)」という、非常に粘りの強い海藻があります。
秋田名物として知られていますが、三陸でも良質のものが採れ、
盛んに食べられてきました。

 


その「ぎばさ」に、芽かぶ、そしてわかめの茎をミックスしたのが「ねばとろ三昧」。
その名の通り、ねばとろマニア(いるよね?)にはたまらんです。 




お出汁とおしょゆう(醤油)でうす味が付いてますから、そのまま食べられます。

 

もちろん、パッケージの写真のように、
まぐろ・いくら・おくら等のトッピングもおすすめ。
ねばとろマニア(絶対、いるよね?)の方ななら、
山芋とろろや納豆も大いに有りでしょう。 

 

今回はシンプルにってことで、すり胡麻さんにお出ましいただきました。
海藻と胡麻って、合うんですよ。
ほら、わかめスープには必ず胡麻が浮いてますでしょ?
あれはちょっぴりやけど、思い切ってたっぷり入れたら、
断然お互いが引き立て合います。 

 


このままお酒のアテに、熱々ご飯にかけたり、お蕎麦やおうどんにも。
三陸の海が育んだ天然自然の健康食品「ねばとろ三昧」、
見かけられましたらぜひともご贔屓に。
 
そして、今、三陸の海で「ほやの赤ちゃん」が順調に育ちつつあります。
来年の春には、震災後初の収穫が実現する見込みだと。
三陸ほやの復活に、期待がかかります。

そのためにも、三陸オーシャンの応援をどうぞ宜しくお願いいたします。
------------------------------------------------------
出資者の方のブログより
 
 

 
===================================================
三陸オーシャンを応援する
「三陸オーシャンほやファンド」(1口1万500円)の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585  

2013年3月12日 14:28FOODEX JAPAN 2013に参加

 被災地からのレポート

3月5日(火)~8日(金)、幕張メッセで開催された
FOODEX JAPAN 2013に参加してまいりました。
FOODEX JAPANは、アジア最大級の食品・飲料専門展示会です。 

「去年より良い成績を残したい!」と気合を入れて挑んでまいりました。

4日間で、約1,000食の試食を提供し、
ホテルや百貨店、飲食店関係を中心に約100名の方々と名刺交換をさせていただきました。
うち、しっかりと手ごたえを感じているのは約30社。
ここから15件以上の契約成立を目指したいです。
頑張ります。

この展示会を支えてくださったのは、なんといっても
7名の一日ボランティア社員の方々です。
一日中立ちっぱなしにも関わらず、
快くブースで接客をしてくださり、
私(木村)と一緒に働いてくださりました。
心から感謝を申し上げます。本当に助かりました。


 

そして、嬉しかったのは、
初めてホヤを食べた人が、
「おいしいっ!」
「ほやって美味しいんだね。」
と言ってくださったことです。

これからもがんばります。
ほやの魅力を伝えていきます。


===================================================

「三陸オーシャンほやファンド」の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585  

2013年3月8日 18:53トークイベントに参加しました

 被災地からのレポート

昨日、新丸ビル7階のライブラリーで、
連続トークイベント「事業者が語る被災地の今」
三陸オーシャンの代表木村さんが参加し、
ご来場いただいた皆様に、ほやへの思いを語りました。

ご来場いただいた皆様、大変有難うございました。
ご来場いただけなかった皆様も、また次回以降お会いできますことを
楽しみにしております。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。





===================================================
「三陸オーシャンほやファンド」の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585 

2013年3月5日 14:30被災地応援ウィークスイベント「事業者が語る被災地の今」三陸オーシャン編

 被災地からのレポート

こんにちは。
三陸オーシャンに関するお知らせ2つです!

◆1. 
「被災地応援ウィークス」開催中!◆
セキュリテ被災地応援ファンド募集中の会社の食材が、
東京の新丸ビル7Fの各レストランでお召し上がりいただけます!
各レストランがアレンジをきかせ、とっても美味しい料理になっています。

開催期間:2013年3月4日(月)~2013年3月15日(金)
⇒詳細はこちらをクリック

三陸オーシャンの食材は、新丸ビル7階の2つのレストランで提供されています。

(1)mus mus
メニュー提供時間:17:00-L.O.

ほやとたたきめかぶのポン酢和え 500円(税込)
~ほやとたたきめかぶの相性抜群の一品をポン酢でさっぱりとどうぞ。~



(2)ソバキチ
メニュー提供時間:17:00-L.O.

ほやの塩から
~食塩は「伊達の旨塩」を使用し、うす塩でほや本来の味を引き出し、
まろやかな味に仕上げています。ほや本来の味をじっくり味わってください。~


◆2. トークイベント「事業者が語る被災地の今」三陸オーシャン編◆

被災地の現状や、商品が復活するまでのストーリー、今後の目標など、生の声でお伝えします。
東日本大震災から丸2年。ぜひご参加ください。

日時:2013年3月6日(水) 19時-20時
場所:新丸ビル7階「ライブラリー」スペース
アクセス:http://www.marunouchi-house.com/access/ 
参加費:無料
内容:
・ほやクイズ(なんと1等賞の方にはほやジャーキーをプレゼント!!)
・これまでの歩み、今後の動き
・資金使途の説明
・質疑応答

※トークイベント後、食材を取扱っているmus musで、懇親会もございます。

お申込はこちらをクリック 



===================================================
「三陸オーシャンほやファンド」の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585 

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 会津東山温泉 月のあかりファンド
  • 阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド
  • 【期間限定】新物!さんま昆布巻2018
  • 極上 ドライエイジングビーフファンド

販売中のストア商品

三陸プチ焼きほや