ファンド詳細

償還済 斉吉商店ファンド

一口金額10,500円 募集総額10,000,000円
事業者名株式会社斉吉商店 参加人数 400人
地域宮城県 気仙沼市 分野漁業・水産加工
募集期間2011年4月25日~
2011年9月30日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
・復興後、初回に出荷される製品を口数に応じてご送付
 製品は「金のさんま」を予定しております。

・海鮮丼レストランの開店時の開店パーティ(「海鮮丼」を食べ放題。)へのご招待。
 (渡航費・宿泊費・海鮮丼レストラン以外の食費等は参加者のご負担となります。)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 斉吉商店ファンド
営業者 株式会社斉吉商店
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 5,000,000円(1000口)
申込単位(1口あたり) 5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:10口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2011年4月25日~2011年9月30日
会計期間 営業開始日から5年8ヶ月(68ヶ月)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配比率 会計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):売上金額の0%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(32ヶ月間):売上金額の2.00%
予想リクープ平均月売上金額 7,812,500円(税込)
被災前概算平均月売上金額 13,000,000円(税込)
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料(および応援金)の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。従って、出資金、出資金取扱手数料(および応援金)が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。
一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

斉吉商店ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性がございます。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払のみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払が行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、会社更生、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する分配金額の支払請求権には、何ら担保が付されていません。本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金の返還が行なわれないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、匿名組合出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業にかかる分配金額の支払遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 販売先の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 営業の開始が遅れる、もしくは再開できないリスク

被災地の土地に関する行政の対応の遅れや、需要が増加することによる適切な用地の確保及び建築資材の調達の遅れにより、事業の開始が遅れるもしくは再開できないリスクがあります。

10. 地域の復興が遅れるリスク

被災前の取引先が廃業し、もしくは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びず、製品の製造・販売が開始されても、売り先が確保できないリスクがあります。

11. 原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中及び海水中に放出された放射性物質により、農産物や海産物が汚染され出荷停止になる、あるいは、汚染されているのではないかという風評被害のために、製品が売れなくなるリスクがあります。

12. 大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、事業の継続が困難になるリスクがあります。

13. 被災前の品質が再現できないリスク

津波により製造に必要な独自の技術や機材、固有の発酵菌等が流出し、以前の品質が再現できず、顧客を減らすリスクがあります。

14. 暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し 営業活動ができないリスクがあります。

15. 被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

16. 風評被害によるリスク

原子力発電所による風評被害に加えて、伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17. 資金繰りが悪化するリスク

既存の借入れに対して、金融機関から返済条件の変更が認められず、また、今後、事業の継続の為に借り入れが必要となった際に、追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

18. 補償等を受けられないリスク

津波の被害により、立ち入り禁止となった土地の代替地や、その他被った損害に対して、十分な補償を受けられず、その結果、事業へ悪影響が生じるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・会計計期間開始日から36ヶ月間(無分配期間):
 売上金額×分配比率0%×1口/募集最大総口数

・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(32ヶ月間):
 売上金額×分配比率2.00%×1口/募集最大総口数

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 5,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の利回りは、次の算出式によって計算される全会計期間にかかる1口あたり分配金額の合計額を基にした直接利回りであって、年率ではありません。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2011年4月25日~2011年9月30日(※)

(※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
(※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
3 会計期間 本匿名組合事業開始日から5年8ヶ月(68ヶ月)
4 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
5 決算日 7月31日(最終決算日は会計期間終了日)
6 報告日 決算日より90日以内
7 分配日 決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2011年2月28日現在)
商号 株式会社斉吉商店
本店所在地 宮城県気仙沼市魚市場3-27
代表者の氏名 代表取締役 斉藤純夫
電話番号 0226-22-0669
事業内容 廻船問屋業、産物卸、小売業、水産加工品、製造業
資本金 2,500万円
創業年 昭和35年(1960年)
役員 代表取締役 斉藤純夫
専務取締役 斉藤和枝
常務取締役 斉藤 康
決算月 5月31日


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2011年3月31日現在)     
商号 ミュージックセキュリティーズ株式会社
登録 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
代表者の氏名 小松 真実
電話番号 03-5948-7301
事業内容 証券化事業、音楽著作権の管理、音楽著作物の利用の開発、コンパクトディスク、ビデオ等の原盤の企画・制作、等
資本金 1億7,246万5,300円
主な株主 小松真実、東京海上キャピタル株式会社、ngi group株式会社、株式会社電通、住友商事株式会社他
設立日 2001年11月26日
役員 代表取締役 小松 真実
取締役   讃岐 邦正
取締役   猪尾 愛隆
取締役   影山 知明
取締役   飯野 将人
監査役   松下 律
監査役   赤井 厚雄  
事業所所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F
決算日 3月31日
加入協会 なし
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
    株式会社斉吉商店

復興にあたり

とってくる人たちの顔が見え、 苦労が分かった上で、 商品をつくるのが斉吉の売りです。

とってくる人、つくる人、食べる人
人と人とのつながり大切に、
斉吉らしさにこだわった復興を目指します。


会社紹介

斉吉商店は気仙沼随一の廻船問屋として、60有余年の歴史を持つ老舗です。気仙沼水揚げの新鮮な魚介類を使った加工品は無添加で、素材の味を活かした優しい味付けは、首都圏でも大人気となっています。さんま笹寿司など、気仙沼伝統の食を全国に送り出しています。

昭和35年創業。廻船業と並行して、十数年前より地元でとれる食材を使った水産加工品の製造・販売を開始。食材の鮮度と無添加であることにこだわり、心を込めて加工します。
「気仙沼さんま笹寿司」は、第17回大日本水産会会長賞、第10回みやぎものづくり大賞優秀賞を受賞

HP: http://www.saikichi-pro.jp/

被災地からのレポート

セキュリテ被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
>>被災地からのレポート

被災状況

工場、直販店の全壊

復興プラン

(1)営業者の所有地に新工場を建設し、事業の撤退と集中。(2011年7月~)
被災を免れた営業者の所有地に新工場を建設。
被災前に行っていた廻船業は撤退し、利益率の高い自社ブランドの水産加工品の製造・販売の比率をあげる。

(2)自社ブランド商品に集中。(2011年9月~)
自社ブランド製品も、被災前には200近い商品を大幅にしぼり、昨年販売開始し、人気を博している海鮮丼シリーズと「金のさんま(さんまの佃煮)」を主軸に生産を開始。
被災前は、気仙沼産の水産物にこだわっていたが、当面は他港の海産物を使用予定。

(3)海鮮丼を主力で扱う工場併設の飲食店の開店(2017年~)
以前からの夢であった、店に来ていただいたお客様に、商品を買うだけでなく、作っている所が見れて、そこでも食べられる空間をつくります。

ファンド資金使途

新工場の設備(スチームコンベクション、調理台等)費用。建物の建設その他にかかる費用は営業者が負担



※合計費用はあくまでも見込みであり、最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には第1回分配の際に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。

投資家特典

・復興後、初回に出荷される製品を口数に応じてご送付
 製品は「金のさんま」を予定しております。
   (「金のさんま」製品紹介)
      第15回全国水産加工品総合品質審査会において
      『大日本水産会会長賞』を受賞
      根しょうがと一緒に、地元気仙沼港で水揚げされた
      新鮮で脂ののったさんまを、お鍋でじっくりコトコト
      時間をかけて骨が柔らかくなるまで煮込みました。
      もちろん、無添加・保存料等も使っていないので安心。

・海鮮丼レストランの開店時の開店パーティ(「海鮮丼」を食べ放題)へのご招待。
   (渡航費・宿泊費・海鮮丼レストラン以外の食費等は参加者のご負担となります。)

被災地からのレポート

2014年6月10日 12:00【ばっぱの台所】6月の献立が登場です!

 被災地からのレポート

お待たせしました!ばっぱの台所おかず便6月が登場です!
【期間限定・数量限定】 


 
 
 
 
今日はセキュリテセット担当からのお知らせです~♪

気仙沼・斉吉商店の2階【ばっぱの台所】から、この頃のメニューでお出ししているおかずを1人前のパックでお届けします。どれも田舎の「ばっぱ(おばあちゃん)」がつくる、どこか懐かしい味ばかり。ご夫婦おふたり暮らしの方や、仕事で遅くなった時のおかずにもおすすめです。湯銭で温めるだけですぐに召し上がれます。
 
※6月分の販売は終了しました。7月の献立にご期待ください!
 
 
さっそく今月の献立をご紹介します!
 
 
【穴子と新ごぼう煮】
穴子を柔らかく炊いてあります。ささがきの新ごぼうも香り良くやわらかです。湯煎で温めてお召がりください。解凍だけで冷たいままお召し上がりいただいても結 構です。
 

 
 
 
 
【サーモンマリネ】
ノルウェーサーモンを たっぷりの新玉ねぎと一緒にマリネにしました。袋ごと水につけて解凍してお召し上がりください。そのままでも、緑の野菜を加えてサラダにしても、パンにはさんでも美味しいです。
 

 

 
 
 
 
 
【高野豆腐とふきの煮もの】
湯煎で温めてお召し上がりください。解凍だけで冷たく冷やしても美味しくお召し上がりいただけます。
 
 

 
 
 
 
【鶏団子の入った茄子のカレー】
袋ごと湯煎してお召し上がりください。写真は十穀米ご飯ですが、白いご飯のカレーライスでも美味しくお召し上がり頂けます。茄子のカレーは胃もたれしなくて夏にぴったりです。
 
 
 
 
 
【小さくて辛い金のさんま】
一口サイズの小さいさんまを使っています。鷹の爪が入ってほんのり辛い金のさんまです。ご飯だけではなく、お酒のお供にもいかがですか。男性の方から人気の金のさんまです。
※形や数は揃っておりません。予めご了承下さい。
 
 
 
 

おかず便は、ばっぱの台所から毎月内容を少しずつ変えてお届けします。
 
※この商品は、6月中の受注のみとなります。
※この商品は自宅用の為 箱なしの簡易包装での発送となります。

 
 
 
 
【セット内容】
穴子と新ごぼう煮(50g)× 1袋
サーモンマリネ(100g)× 1袋
高野豆腐とふきの煮もの(120g)× 1袋
鶏団子の入った茄子のカレー(300g)× 1袋
小さくて辛い金のさんま(130g)×1

 
 
 
【原材料】
【穴子と新ごぼう煮】
あなご(三陸産)、ごぼう、
清酒、三温糖、醤油、みりん
(原材料の一部に大豆を含む)
 
【サーモンマリネ】
ノルウェーサーモン、玉ねぎ、
酢、サラダ油、オリーブオイル、赤ピーマン、
黄色ピーマン、パセリ、砂糖、塩、胡椒
(原材料の一部に大豆を含む)
 
【高野豆腐とふきの煮もの】
ふき、出汁(利尻昆布、さんま節)、
みりん、薄口しょうゆ、砂糖、塩
(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
 
【鶏団子の入った茄子のカレー】
茄子、玉ねぎ、鶏肉、
チキンブイヨン、カレー粉、大葉、塩、胡椒
 
【小さくて辛い金のさんま】
さんま(三陸産)、三温糖、醤油、
清酒、しょうが、みりん、還元水飴、唐辛子、玉砂糖、
魚醤、唐辛子エキス
 (原材料の一部に大豆、小麦を含む)

 
 
【賞味期限】
全商品:冷凍保管製造日より90日
保存方法:要冷凍(-18℃以下で保存)
 
数量限定、無くなり次第の販売終了です!
【ばっぱの台所おかず便2014年6月】 



  
価格:1セット 3,000円(税・送料込)

◆6月分の販売は終了しました◆


※ご発送について:ご注文から5営業日以降、
ご入金・カード決済の確認ができ次第の発送となります。

営業日は土日・祝祭日・年末年始を除く月~金
となりますのでご了承ください。 




 
 
【お支払い方法】
(1)お振込み
以下の銀行へのお振込みが可能です。
お申込後、当社からお送りする確認のメールに記載の口座へ、以下期日までにお振込をお願い致します。

(2)クレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、DinersClub、AMEXのクレジットカードがご利用可能です。

(3)支払留保金のご利用
支払留保金額もご利用頂けます。

※お振込手数料は、ご負担下さい。
※送料は商品代金に含まれます。
※支払留保金額をご利用の際は、申込確認メールに詳細を記載致します。
※クレジットカードをご利用の際は、以下【クレジットカードをご利用頂く場合のご注意】をご確認の上、ご利用下さい。
【お振込期日】
ご注文受付のメールをお送りしてから3営業日以内にお願い致します。
※必ず期日までにご入金頂きますようお願い申し上げます。ご入金期日を過ぎますと、キャンセルとなりますのでご注意下さい。
※購入代金をお振込頂く際は、必ず期日までに、当社からのメールに記載の口座へお振込頂きますようお願い致します。
万が一出資金お振込口座へご入金をされた際は、 返金となりますのでご了承ください。
その際の返金は、振込手数料を除いた額を返金致します。
【商品発送時期】
ご入金確認後、随時発送致します。
※配送は日本国内のみとさせていただきます。
※日時指定の場合、お振込みを頂く5営業日以降でご指定下さい。
※状況によって、多少前後する場合がございます。何卒ご了承下さい。
※遠方など、ご指定頂いた期日の配送が難しい場合は電子メールにて別途ご連絡致します。
【商品発送までの流れ】
1.(お客様)お申し込みフォームより購入情報のご入力
2.(当社)お申込後、振込口座が記載された確認メールを送付
3.(お客様)当社指定の口座へ購入代金をお振込 ※ご注文から3営業日以内
4.(当社)ご入金確認完了のご連絡
5.(当社)随時発送致します。 ※お届け日指定はご入金から5営業日以降でご設定下さい。
【ご注意事項】
※未成年者に対しては、酒類の販売は致しません。申込みフォームにて年齢を確認致します。
※当社理由による不良品(破損等)につきましては、商品到着後7日以内のご連絡にて交換致します。
※お客様のご都合による返品・交換はご遠慮下さい。
また、ご不在やご指定の住所不明など、お客様のご都合により、指定日に商品を受け取れなかった場合、再送や返金は対応致しかねます。
※複数個購入頂いた場合も、送料込の価格×購入セット数の金額となります。
【クレジットカードをご利用頂く場合のご注意】
※ご本人様名義のカード以外はご利用頂けません。
※ご決済は一括払いのみご利用頂けます。
※1商品ごとのご決済となりますので、他商品を合わせて購入頂いた場合も、都度ご決済が必要です。(1商品を複数セット購入頂く際は、まとめてご決済頂けます)
※ご購入代金は、各クレジット会員規約に基づき、ご指定の預金口座から口座振替にてお支払いいただきます。
※クレジットカード決済にあたっては、より安全性の高い環境をサービスとして提供するために、暗号化技術(SSL)を使用しておりますが、当社は、その安全性を保証するものではなく、データ漏洩等の事故が起こった場合、当社はその責任を負いかねますのでご了承ください。
※クレジットカードはご注文時に即時決済されるカードとなります。リピート商品など初回ご注文時に複数回の商品代金をいただく場合がございます。また、キャンセル・返品に伴う返金の時期につきましては、お手元のクレジットカード発行会社へお問い合わせください。
 

2014年5月8日 17:05 【数量限定!】斉吉商店 ばっぱの台所おかず便 5月

 被災地からのレポート

お待たせしました!ばっぱの台所おかず便5月が発売です!
【期間限定・数量限定】 


 
 
 
 
今日はセキュリテセット担当からのお知らせです~♪

気仙沼・斉吉商店の2階【ばっぱの台所】から、この頃のメニューでお出ししているおかずを1人前のパックでお届けします。どれも田舎の「ばっぱ(おばあちゃん)」がつくる、どこか懐かしい味ばかり。ご夫婦おふたり暮らしの方や、仕事で遅くなった時のおかずにもおすすめです。湯銭で温めるだけですぐに召し上がれます。

 
 
さっそく今月の献立をご紹介します!
 
 
【真鱒レモンバター焼き】
真鱒は気仙沼に春が来たことを実感させてくれる魚です。水揚げ後すぐに斉吉の社長さんが自ら切り付け、塩コショウをしてバター焼きにしました。ふわっとした鮮度の良い鱒ならではの食感です。袋ごと湯煎で温めてお召し上がりください。一度に2切れ召し上がらないときは、凍っているうちに分けていただき、電子レンジで温めていただいても大丈夫です。
 

 
 
 
 
【平目の昆布〆】
食べる直前に袋ごと水に浸して解凍してください。昆布は北海道利尻産をたっぷり使っています。平目をお刺身でお召し上がりいただいた後は、昆布で出汁をとっていただいてもいいですし、はさみで細く切って素揚げするとおつまみにもなります。昆布締めした平目は、スダチを絞り、ほんの少しのお塩でお召し上がりいただくのもおススメです。
 
 

 
 
 
 
【小松菜と油揚げの煮浸し】
たっぷりの斉吉だしで煮浸しにしました。食べる直前に袋ごと水に浸して解凍してお召し上がりください。
 
 

 
 
 
 
【雪つつみのさんま】
〆さんまをたっぷりの野菜と豆腐のおからに甘酢で漬けた郷土料理です。さっぱりした口当たりです。解凍したらお刺身のようにそのままお召し上がりいただけます。 おからごとお野菜に混ぜて、サラダのようにして頂くのもおススメですね。
 
 
 
 
 


【一口金のさんま】
こちらも先月から続けて登場です。斉吉の定番、「金のさんま」を一口大にカットしました。お弁当やおにぎりにもおススメです。
 
 
 
 
 
おかず便は、ばっぱの台所から毎月内容を少しずつ変えてお届けします。
 
※この商品は、5月中の受注のみとなります。
※この商品は自宅用の為 箱なしの簡易包装での発送となります。

 
 
 
 
【セット内容】
真鱒のレモンバター焼き 2切(75g)× 1袋
平目の昆布〆 (45g)× 1袋
小松菜と油揚げの煮浸し (80g)× 1袋
雪つつみのさんま(100g)× 1袋
一口金のさんま(150g)×1袋

 
 
 
【原材料】
真鱒のレモンバター焼き:真ます(気仙沼)、バター、レモン、
塩こしょう、小麦粉(原材料の一部に小麦、乳を含む)
 
平目の昆布〆:平目(気仙沼)、昆布(北海道)
 
小松菜と油揚げの煮浸し:小松菜(国産)、油揚げ、
斉吉だし(さんま節、かつお節、昆布、煮干し)、
醤油、みりん (原材料の一部に小麦、大豆を含む)
 
雪つつみのさんま:さんま(三陸北部沖)、おから、米酢、
砂糖、人参、生姜、玉ねぎ、清酒、
穀物酢、魚醤、塩 (原材料の一部に大豆を含む)
 
一口金のさんま:さんま(北海道または三陸)、三温糖、醤油、
清酒、しょうが、みりん、還元水飴、
玉砂糖、魚醤 (原材料の一部に大豆、小麦を含む)

 
 
【賞味期限】
全商品:冷凍保管製造日より90日
保存方法:要冷凍(-18℃以下で保存)
 
数量限定、無くなり次第の販売終了です!
【ばっぱの台所おかず便2014年5月】 

 
 
価格:1セット 3,000円(税・送料込)
販売は終了致しました

※ご発送について:ご注文から5営業日以降、
ご入金・カード決済の確認ができ次第の発送となります。

営業日は土日・祝祭日・年末年始を除く月~金
となりますのでご了承ください。 




 
 
【お支払い方法】
(1)お振込み
以下の銀行へのお振込みが可能です。
お申込後、当社からお送りする確認のメールに記載の口座へ、以下期日までにお振込をお願い致します。

(2)クレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、DinersClub、AMEXのクレジットカードがご利用可能です。

(3)支払留保金のご利用
支払留保金額もご利用頂けます。

※お振込手数料は、ご負担下さい。
※送料は商品代金に含まれます。
※支払留保金額をご利用の際は、申込確認メールに詳細を記載致します。
※クレジットカードをご利用の際は、以下【クレジットカードをご利用頂く場合のご注意】をご確認の上、ご利用下さい。
【お振込期日】
ご注文受付のメールをお送りしてから3営業日以内にお願い致します。
※必ず期日までにご入金頂きますようお願い申し上げます。ご入金期日を過ぎますと、キャンセルとなりますのでご注意下さい。
※購入代金をお振込頂く際は、必ず期日までに、当社からのメールに記載の口座へお振込頂きますようお願い致します。
万が一出資金お振込口座へご入金をされた際は、 返金となりますのでご了承ください。
その際の返金は、振込手数料を除いた額を返金致します。
【商品発送時期】
ご入金確認後、随時発送致します。
※配送は日本国内のみとさせていただきます。
※日時指定の場合、お振込みを頂く5営業日以降でご指定下さい。
※状況によって、多少前後する場合がございます。何卒ご了承下さい。
※遠方など、ご指定頂いた期日の配送が難しい場合は電子メールにて別途ご連絡致します。
【商品発送までの流れ】
1.(お客様)お申し込みフォームより購入情報のご入力
2.(当社)お申込後、振込口座が記載された確認メールを送付
3.(お客様)当社指定の口座へ購入代金をお振込 ※ご注文から3営業日以内
4.(当社)ご入金確認完了のご連絡
5.(当社)随時発送致します。 ※お届け日指定はご入金から5営業日以降でご設定下さい。
【ご注意事項】
※未成年者に対しては、酒類の販売は致しません。申込みフォームにて年齢を確認致します。
※当社理由による不良品(破損等)につきましては、商品到着後7日以内のご連絡にて交換致します。
※お客様のご都合による返品・交換はご遠慮下さい。
また、ご不在やご指定の住所不明など、お客様のご都合により、指定日に商品を受け取れなかった場合、再送や返金は対応致しかねます。
※複数個購入頂いた場合も、送料込の価格×購入セット数の金額となります。
【クレジットカードをご利用頂く場合のご注意】
※ご本人様名義のカード以外はご利用頂けません。
※ご決済は一括払いのみご利用頂けます。
※1商品ごとのご決済となりますので、他商品を合わせて購入頂いた場合も、都度ご決済が必要です。(1商品を複数セット購入頂く際は、まとめてご決済頂けます)
※ご購入代金は、各クレジット会員規約に基づき、ご指定の預金口座から口座振替にてお支払いいただきます。
※クレジットカード決済にあたっては、より安全性の高い環境をサービスとして提供するために、暗号化技術(SSL)を使用しておりますが、当社は、その安全性を保証するものではなく、データ漏洩等の事故が起こった場合、当社はその責任を負いかねますのでご了承ください。
※クレジットカードはご注文時に即時決済されるカードとなります。リピート商品など初回ご注文時に複数回の商品代金をいただく場合がございます。また、キャンセル・返品に伴う返金の時期につきましては、お手元のクレジットカード発行会社へお問い合わせください。
 

2013年6月4日 10:00新しい「金のさんま(190g)」の販売について

 被災地からのレポート



斉吉では、2013年6月7日より、新しい「金のさんま(190g)」を発売いたしました。従来の「金のさんま(150g)」も並行して販売しておりますが、従来品と比較した特徴は次の通りです。

続きは、斉吉商店のブログをご覧ください。
http://www.saikichi-pro.jp/blog.php?MODE=put&CID=1&ID=274

2013年5月31日 10:00出船おくり

 被災地からのレポート



今日も 400tを超す 大型鮪船が出船です。インド洋 南太平洋 北大西洋など 世界の海で 仕事をする漁師さんを送ります

漁師さんの家族を初め船主さん また 漁に出るための準備にかかわる様々な業者さん、たとえば 燃料や 餌、食料を積む仕事。エンジンの整備に始まり、無線機、冷凍機、漁労機械などなど 船内は一つの宇宙のように ありとあらゆるものが詰まっていて その仕事をした人たちも そろって みんなで出船を送ります。

岸壁で隣にいらした60歳くらいの女の人が 話しかけてきました。今日出船する船の 乗組員家族ではないそうですが この方のご主人も 同じような船にのっていらっしゃるとのこと。【これが 気仙沼の景色だよね 他に無いっちゃー】誇らしそうでした。そう 私も 心底そう思います。五色のテープ、 見送りの旗、 笹竹に掲げられた大きな大漁旗。

【ぼおーっ】というなんとも 心にぐっと響く 汽笛を鳴らして 離岸します 岸壁からも 船上からも 大きく 大きく手をふります。紙テープがひかれ ころころ手元で回ります 岸壁は 船から少しだけ離れた場所にみんなが立っていて 誰も 前にでません 隣の女の人がまた 言いました【駆け寄ると そのまま海の上まで歩いていって 追いかけそうになるから 動かないんだよね。 船の上でも 追いかけられると いやだっちゃ】

なんと、こんな想いが たくさん詰まっている場です。 想いを まずは心にしまって お互いが 元気でがんばっぺ なのです とても見事で ちょっとせつない 気仙沼の景色が繰り返されます ありがとう 漁師さん

2013年5月9日 14:40事業の進捗状況のご報告

 被災地からのレポート

投資家の皆様


いつも暖かい応援を頂き、心より感謝しております。
この度 事業の報告が遅れて、大変申し訳なくお詫び申し上げます。
2月から4月の報告をさせていただきます。


(写真は、投資家特典の「海鮮丼食べ放題」の日にご参加の皆さんと)

本ファンドの投資家の方は下記URLよりログイン後、続きをご確認いただけます。https://www.securite.jp/mypage/investfund/166

 

2013年4月8日 10:00斉吉商店の入社式

 被災地からのレポート

 

久しぶりに 「春らしいなあ」と 思う おかげ様で本当にいい日です。
4月4日 行商チームが 戻るのを待って みんながそろって 2人の新しい家族を 迎えました。


みんな二人の入社を心待ちにしていたのが良く分かりました。
二人にとっては お母さんの年代の人が多いので「私が斉吉でのお母さんだよ」とか、私を「お母さんだと 思って何でも聞いて」とかいう話が相次ぎお母さんだらけになりました。


(続きはこちら)

 

 

2013年4月2日 10:00「いとしの軽トラ」その2… 友の湯へ行く

 被災地からのレポート

 

震災で軽トラックが 一台助かりました。ガレキだらけでした。


瓦礫を脇に寄せて道路らしきものができたので、何とかところどころ走れるようになりました。そのころ、被災を免れたエリアに昭和24年ごろからの老舗の銭湯「友の湯」さんが営業をしてくださっていました。とてもとても有難かったのです。湯船につかって、あったまってから布団に入る幸せを感じました。


80歳と76歳の両親を、夜銭湯に連れて行くのにどうしよう・・・歩くのには、それこそガレキや泥で危ないし湯冷めして風邪をひいても大変です。昼間行ったら?と勧めると、それでは夜眠れないと云いだします。ガソリンは、それこそ貴重品だしねえ。運転はシャチョー、助手席には父、その膝の上に母を座らせてみました。ぎゅーぎゅーの大騒ぎです。ものの5分くらいなのに、父は母の体重に耐えかねギブアップ。帰りは、交代する相談となり、母は膝の上に父を乗せ、当の本人たちは自分たち自身のことがおかしくて、大笑いしながら帰って来ました。(母は、父の1.3倍くらいのボリュームです)。


家の中で風呂にはいれるようになったときは、なんて素晴らしいんだと思いましたし、その時は追いだきなんて贅沢は必要ないと云っていたのに、今借りている家の風呂には追いだきもついていて、あればあったで、しゅわしゅわ流れてくる温かいお湯に、「いいねえ
となります。つくづくいいかげんで、勝手なものです。


このごろ曹洞宗の冊子にこの歌を見つけました。


天地(あめつち)に従うほかのなき 春ぞ


高橋とも子


じーん

2013年3月25日 10:00ばっぱの台所から その2

 被災地からのレポート

 

こんにちわ、斉吉・助っ人のふじのです。


今年に入ってから、斉吉にはこんな空間が登場しました。
その名も「ばっぱの台所」。


続きはこちら
http://www.saikichi-pro.jp/blog.php?MODE=put&CID=1&ID=223

 

 

2013年3月6日 10:003月の匂い

 被災地からのレポート

 

3月になると どうしても 震災の日の事を 思います。
空気の匂いが この時期になったと 知らせてくれる感じがします。
どのくらい 復興したのか? は うまく 答えられない気持ちがします。 社長が 「初めからやり直す覚悟で・・・」と言ったように 私たちは 戻るのではなく 新しく仕事を始めた人たちのように 動かなければならないのだと 思っています。


他人と比べないように と 何度も 心の中で 小さい声でいいます。
でも去年今頃の魚問屋便りを見て、少し進んだ と小さい声で 今 心の中で言いました。


新しく仕事を始めたのですから、いろいろ な 不足はたくさん ありますが、ゼロから 始まると思うと こうなりたい ああなりたいと もうもうと妄想を膨らませています。


このごろは地域のみんなが 早く 復興しなければ!という責任を重く感じられているかもしれません。
きっと みんなが そうです。
「できることをしよう」ほぼ日刊イトイ新聞さんが 震災後に出した 本のタイトルです。 小さくても できることをしよう って心の中で 低く言い続けています。

 

2013年3月1日 10:003月は 百貨店催事が いっぱいです

 被災地からのレポート

 

今日から3月です。一昨日から 新宿伊勢丹本店に 来ています。


そのまま続けて 日本橋三越本店さん チョット空けて20日~大阪 梅田阪急本店さん続けて JR名古屋高島屋さんへ 伺います。


3月になると どうしても 震災の日の事を 思います。
空気の匂いが この時期になったと 知らせてくれる感じがします。 どのくらい 復興したのか?は うまく 答えられない気持ちがします。 やはり 社長が 「初めからやり直す覚悟で・・・」と以前に言ったように 私たちは 戻すのではなく 新しく仕事を始めた人たちのように 動かなければならないと 思います。


でも 実は 仕事を始めた人たち にしては とてもとても でっかい財産があります。 催事の売り場に立つと ただただ その財産が 有難いと 感じます 斉吉のみんなと お客様 それから ここに私たちをつないでくださった大勢の人に 感謝

 

2013年2月1日 10:00目は臆病 手は鬼

 被災地からのレポート

 

「目は臆病 手は鬼」っておかあさんが、よく 言ってだでば、と祖母からの伝言であるように 母から聞かされていた。
目の前の 圧倒されるような ボリュームの仕事を見て いやだなあ と思ったとき、 始めると手は いつかやり遂げるということを教える言葉です。


例えば、大勢のお客さんが 家にきて(これを気仙沼では人寄せといいます。 だいたいは10人とか20人規模のことをいいます)
飲んだり 食べたり 大賑わい の後 母と二人で 後片付け 下げた食器の山を見て、がっかりしているところへ 母が 「目は臆病 手は鬼」 というのです。


豆もぎ なども そうです。
枝豆は 季節になると 枝についたまま農家さんから頂きます。庭に山のように積まれた豆を「豆もがいん
と云われて 果てしない感じの作業が予想され またまた がっかり 満面 いやだの顔をしていると「目は臆病・・・ となるのです。


震災の後 川の縁に それこそ山のような がれきが どこまでも続いていました。
斜めで幅の狭い場所ばかりで 重機の入れるところは ほとんどなく どうなるんだろうかと 果てしない気持ちでしたが 全国から おいでいただいた ボランティアの皆さんの人の手で 1年後には すっかり片付いたのが 忘れられません。
積み重ねる人の手はすごいものです。


パソコンの前で仕事を することが こんなに増えても やっぱり同じことが いっぱいあります。でも 私たちはきっと 鬼の手を持っているのですから、がんばっぺし

 

2013年1月21日 10:00黒田さんの ワークショップ

 被災地からのレポート

19日ー20日の二日間 初めて 「ばっぱの台所」を使って 黒田さんのワークショップが開かれました。みんなで 台所の大きなテーブルで ご飯を食べて そのあと 黒田さんに みつろうクリーム(ラベンダーとティートゥリーが たらりと入って アロマのいい香り)の作り方を教えていただきました。


ほんとに「ほほーっ」と安らげる 素敵な時間を過ごしました 斉吉のみんなは ずっとしばらく こんな時間を過ごしていなかったので ほほほーっ とした空気で台所はいっぱいになり なんだかいい台所だなあと 思ってしまいました。黒田さんご夫妻のおかげです。

 

続きはこちら

2013年1月5日 10:00平泉の中尊寺さん

 被災地からのレポート

 

元旦は、中尊寺さんへ。一般的には 初詣と云うそうですが この辺では 元朝参り「ガンチョウマイリ」といいます。提灯の飾りつけられた 長い坂を上りきって 本堂へお参りします


まずは 昨年中 無事にお守り頂いたことの御礼 を もぐもぐとつぶやき 後は また 今年もお願いします と何やら虫のいい お願いをしていますが 家族からは 「母ちゃん拝んだまま寝でんでねーが」とか「欲たがりだ」と云われながら 1年無事に過ごせた安心感と清々しさが心地よく ついつい 長々 手を合わせてしまいます。


もしかすると一年で この日が一番心地よい時間かも と思うほど有難く ホーッと深呼吸をしてしまいます。 お腹いっぱいに吸いたくなる「きりっ」と冷えた良い空気で満ちています。


後で教えていただいたのですが 【諸仏摩頂の場】と云って 諸仏・菩薩が現れ誰も漏れることなく頭をなでてもらう事のできる場所 とのことです 。なんとも 合点してしまいます・


「中尊寺を含む平泉の文化遺産」として2011年世界遺産になりました。震災後 まもなくのことです。さすが! 中尊寺さんだ !と 歓声をあげましたこのタイミングだったことが どうしても 『今こそ 東北を励まし 世界へ向かって光を発するぞ! 』というように 受け取れてならないのです。


さぁ帰りは 参道の下で 餅の入った温かいそばを食べっぺ。

 

2013年1月4日 10:00新年おめでとうございます

 被災地からのレポート

 

静かな良いお正月です。年末に大きな事故なく商品をお客様にお届けすることができたからだなあと 改めて 会社の みんなや 一緒に仕事をして下さる 他社さんのおかげで有難いな と 思っています。


みんなの仕事があるから うちも仕事ができて 仕事があるから 嬉しいんだと 痛感しています。


元旦に平泉の中尊寺さんにお参りしました。毎年のことですが 本当に清々しく、ゆっくり深呼吸を何度もしたくなるような場所です。

 

続きはこちら

2012年12月31日 10:00一年中 ありがとうございました !

 被災地からのレポート

 

おかげ様で 今年の分の催事販売も終え 気仙沼へ戻りました。これで 工場も店も、みんな 仕事納めをさせていただきました。


ありがたいなあと 何度も言いたくなる 大みそか です。


家に帰ったら 獅子頭が お正月仕様に なっていました

 

続きはこちら

 

2012年11月21日 19:21数量限定!斉吉×丸光×八木澤×盛屋の豪華鍋セット販売開始!

 被災地からのレポート

なんと!!!

斉吉商店、丸光製麺、八木澤商店、盛屋水産がコラボレーションした
豪華な「特選 気仙沼鍋セット(5~6人前)」の販売を開始しました!!!!

数に限りがございますので、ご注文はお早めに!
 
詳細・お申込はこちら: 
https://www.securite.jp/store/detail/353


 

2012年10月15日 13:22鍋 ! 撮影 ! 美味しそう !

 被災地からのレポート

斉吉商店では、今、この冬に販売予定の鍋セットの販売準備中です!

セキュリテセットでもお申込いただけるようになりますので、
もう少々お待ちくださいませ!


(以下、斉吉商店のブログより)------------------

おばんです!
斉吉商店の吉太郎です。

先日、冬にご案内予定の鍋セットの写真撮影が行われたので
その様子をご報告いたします。場所は八木澤商店さんの新しいお店です。

up_NABE2.jpg

まずは箱に入った状態での撮影。
こんな感じで届きますよ~。という写真です。

up_NABE.jpg

次に鍋に盛りつけた状態での撮影。
もう食べるだけですよ~。という写真です。

去年、鍋セットをご案内できなかった分、今年の鍋セットは気合が入っています!
盛屋水産さんの牡蠣!丸光食品さんのはっと!斉吉のさんま生つみれ!
up_NABE3.jpg
ポン酢は八木澤さんです!やったー!

その他にも穴子、鱈、鮭など様々な主役級が一つの鍋で楽しめます。
プロ野球で言うならばクライマックスシリーズです!

今の段階では11月下旬に発売予定ですのでどうぞお楽しみに。



-------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:

2012年9月24日 15:3010/3 斉吉商店がショップチャンネルに初登場!

 被災地からのレポート

 

こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの神谷です。


「セキュリテ被災地応援ファンド」のサポーター企業にもなっていただいているジュピターショップチャンネル株式会社が10月3日(水)に放送する『日本を見つけよう ~気仙沼』に、斉吉商店が登場します!


番組の放送時間10時30分~13時00分および15時00分~17時30分のうち、斉藤和枝専務取締役は、トップバッターとして、10時30分~11時00分のあいだに登場予定です。今回、出品される「炭火焼牡蠣オリーブオイル漬け」の原材料となる牡蠣を提供している盛屋水産の菅野一代さんも、同時刻に出演予定です!

 

 


震災によって一時は失われてしまったかに思えたものの、震災後、数日して社員の方が発見された伝統のタレを利用した「金のさんま」も出品予定です。

 

 


斉藤専務は、ショップチャンネルに初登場ということで、現在は練習に励んでいらっしゃるそうです。どうぞご期待ください!

 

ご参考HP
9月7日 ショップチャンネルが日本各地の名品・名産を紹介する人気特別番組
『日本を見つけよう ~気仙沼~』 10月3日(水)気仙沼魚市場から初の生中継!!
http://www.shopch.jp/General1Show.do?incPath=/include/comp/comp_press.html#0907


追伸
詳しいご報告は斉藤専務より後日行わせていただきますが、「金のさんま」が商標登録されたとのことでございますので、取り急ぎご報告させていただきます。

 

2012年9月11日 20:27斉吉商店セキュリテセット購入者の声

 被災地からのレポート

斉吉商店からも3種類のセキュリテセットを販売しています。


saikichi

今日はご購入いただいた方から届いた
コメントをご紹介いたします。

--------------
「金のさんま、とっても美味しかったです。自分でもつくる事は
ありますが、たれのコクや旨味が当たり前ですが違いますよね。
本当にとても美味しかったので、実家の両親や友人用にも
勧めました。何度も食べたくなる味だと思います。
海鮮丼も解凍後ゴハンにのせるだけで、手軽においしく頂けるのが
いいですね。常備しておきたいと思います。」
(宮城県/女性)

--------------
「金のさんま、予想以上に美味しかったです。
また機会があればぜひ購入したいです。知人にも勧め、好評でした。」
(静岡県/女性)

--------------
「微力ですが少しでも復興支援の力になればと思い購入しましたが
どの商品も大変美味しく頂きました、また購入したいと思います。」
(愛知県/男性)

--------------
「斉吉さんの海鮮丼、金のさんまともにとてもおいしかったです。
やさしい味なのですが、しっかりした味という感じです。
息子は、さんまが大好物なのですが、これはおいしいねと
夕食にも朝食にも食べて、あっという間になくなってしまいました。」
(東京都/女性)

現在販売中の斉吉商店のセキュリテセットは以下です。
是非お試しください!
(画像をクリックすると詳細をご覧いただけます)

saikichi saikichi
saikichi

2012年8月22日 13:38丸の内に催事出店しています!

 被災地からのレポート

本日と明日、斉吉商店が、丸ビル1階丸キューブにて出店しています!


出店しているイベントは、三菱地所さんが主催する、
東北エリアの食材・食ブランドを応援する『Rebirth東北フードプロジェクト』第4弾として、
宮城県の生産者らが自ら出店するマルシェ「はらくっつい宮城市場」 です。

本日は、斉藤吉太郎(よしたろう)さんと、斉藤和枝さんが店頭にいらっしゃいます。
(和枝さんは本日だけのようです。)


そう、吉太郎さんは、和枝さんのご長男。
7月に入社され、ますます、斉吉商店はパワーアップし、
斉吉商店のこだわりは次の世代へと引き継がれています。

明日12時~13時は、丸光食品の熊谷敬子専務が、PRイベントに参加予定です。

ぜひ、みなさま、お越しください!


2012年7月24日 12:147月から 工場が動きました!

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。
斉吉商店は、いよいよ工場が動き出したそうですよ!

(以下、斉吉商店のブログより)----------------------------

いよいよです。
本当に いよいよ というか ようやく 工場が動きました。
保健所の許可も下り 稼働開始です。

ファンドの投資家の皆様にも これから始まる という 報告ができ、
嬉しさと、有難さでいっぱいです。
応援してくださる皆さんのおかげです。

小さくても 自分たちの拠点となる工場があることの
ありがたさを身にしみて感じています。 
本当にありがとうございました。 

西中才で 借りていた 工場から引っ越しをしました。up_2012-04-27 09.31.02.jpg

7月17日 お世話になった豪邸も解体することになり 
お神酒をかけて お礼を言いました 
up_2012-07-17 10.59.04.jpg
up_2012-07-15 09.41.25.jpg

去年7月2日に震災後初めて さんまを炊いた日と
同じように 円陣をくんで 「おー」とやりましたが またも合わずup_2012-07-02 09.10.30.jpg
up_2012-07-02 09.10.34.jpg

みんなが大きな声で 笑いました。
本当にうれしかったです。
up_2012-04-27 13.30.30.jpg
スチームコンべクションオーブンも 2台並んでいます。
早速 地元の高校生も 見学に来てくれました。up_2012-06-21 14.27.49.jpg
社長の説明の声が弾んでいました。
これから 少しづつ みんなで改善し 少しづつ 目指す方向に進みます。 
これからもどうぞ よろしくお願いします。


-------------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:

2012年7月13日 10:17ばっぱの台所

 被災地からのレポート

斉吉商店ファンのお便りが更新されています。
----------------------------

元気な おじいさんやおばあさんの活躍は
その家だけでなく 地域の宝だなあと感じます。
私たちなど 到底及ばない 働きを 重ねています。
長い間のご苦労を 余裕の笑顔で語る様子が 
何とも 嬉しく、誇らしい感じがします。


斉吉にも 75歳の ばっぱ が居ります。
今20歳を過ぎた 孫たちが……


続きはこちら:
---------------------------------------
斉吉商店ファンドは募集終了しましたが、
他のファンドはまだまだ募集中です。
募集中ファンド一覧はこちら:

2012年6月22日 20:00かわいいお客様が来店

 被災地からのレポート

 

こんにちは、ネットショップ担当のあかりです。


今日、かわいいお客様がきました。
なんと・・・うさぎです


突然、斉吉商店の敷地内にうさぎが現れ
斉吉商店のお店の軒下にひそんでいました。


お腹が空いてそうなので、にんじんを与えたら
ぱくぱく~。も~かわいい。


警察を呼び、保護。
警察の人も「うさちゃんおいで~」甘い声(笑)


しかし、網を持ってきた梶原さんが捕まえました。
この写真は捕まえた時の!


続きはこちら
http://www.saikichi-pro.jp/blog.php?MODE=put&CID=1&ID=183

 

2012年6月20日 06:31斉吉商店さんの仮設工場&店舗に寄ってきました

 被災地からのレポート


セキュリテ被災地応援ファンドの応援団・山田です。

先週末に気仙沼に行った際に、石渡商店さんに続き、
斉吉商店さんの仮設工場&店舗にも寄ってみたので
その様子もお伝えしますね。

※石渡商店さんの建設中の本工場の様子はこちら
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10820a31567


斉吉商店さんは、空き家になっていた自社所有のアパートを
震災後の「仮事務所&住居」として使われていましたが
仮設工場は、同じ敷地内にあった倉庫を壊して建てられました。
(仮設工場は、中小企業基盤整備機構さんによるもの)





僕も仮設工場ができてから行くのは初めてでしたが
さすが、斉吉さん、ただのプレハブ工場にはしませんね!

木材を上手に活用して、これぞ斉吉商店!というような
立派でステキな佇まいを作り出していました。

※ちなみに、昨年11月に行われた応援ファンドツアーでは、
今まさにこの工場が建っている場所でランチ交流会をしました(^^
http://yamada.da-te.jp/e457129.html


この日は残念ながら、和枝さんも、純夫さんもご不在でしたが
直売の店舗スペースにだけ立ち寄らせていただきました。



内装にも、木材が使われているんですね!カッコイイ!


斉吉商店さんの商品はこちらで購入することができます☆





当日は、気仙沼泊まりだったので購入しませんでしたが
また次に行くときに買って帰りたいと思います(^^

※遠くにお住いの方はぜひネットショップをご利用ください!
http://www.saikichi-pro.jp/shopping.php

※金のさんまもオススメですが、海鮮丼もオススメです☆
http://yamada.da-te.jp/e495872.html


なお、店舗スペースの奥には、窓がついてまして、
ここから工場内の様子を見れるように設計されています。





おぉ~、ここで、金のさんまを炊いてるんですね(^^
奥に見えるスチームコンベクションが被災地応援ファンドで
集まった資金で購入されたものですね。
こうやってその実物が目に見えると嬉しいっ!
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=166


この日は土曜日でしたが、工場はしっかり通常稼働中!



↑は、牡蠣のオリーブオイル漬けを袋詰めしているところです。
こうやって作られているんだと、見えるのがいいですね。

以上、斉吉商店さんの仮設工場&店舗レポートでした。
気仙沼に行った際にはぜひ立ち寄ってみてください!!


なお、仮設工場の隣にある、この斉吉アパート。



震災後の斉吉商店の拠点として大活躍し、
「豪邸」として多くの皆さんに愛されていましたが
この6月で解体することが決まったそうです。
http://www.saikichi-pro.jp/blog.php?MODE=put&CID=4&ID=182

僕もたくさんの方をお連れてしたので、思い出も深いのですが
でも、斉吉さんが新しい次のステップに進んだということなので
喜んで「ありがとうございました」と伝えたいと思います!


なお、斉吉商店さんは、
6月28日から7月4日まで、
東京の二子玉川東急フードショーB1で催事出店しているそうなので
東京近辺にお住まいの方はぜひお立ち寄りくださいね☆


----------------------------------------

他のファンドも募集中です。

セキュリテ被災地応援ファンドの一覧はこちら:

http://oen.securite.jp/




2012年6月6日 21:00ありがとう 豪邸

 被災地からのレポート



豪邸が在って、本当に有難かった。


もう、すっかりみんなが 「豪邸」 と呼んでくださいます。
本当は、古い古い漁具倉庫にくっついているアパートなのです。
震災後ここに来た時は社長と二人で 毎日泥を出し、木の根っこが伸びて、いばらのようになったのを掘りました。天井にからまったツタを切りました。破れていたふすまを貼り、電気の線を延ばし、なんでも社長の手作りです。
でも今では心底、豪邸だと思っています。

豪邸は、まさしく豪邸らしい働きでした。
一日に40人も50人ものお客様をお迎えすることもあります。
御来賓っと呼ばれるような、これまでの私たちには到底お会いしたことも無いような素晴らしい方がおいでになり、ご飯を食べたり、お茶を飲んだり、お話をしたりしてくださいました。
斉吉のみんなも、何度もここで集まり、「がんばっぺし」と仕事の話をしました。


安波山も大島の亀山も室根山も見えます。
朝日も夕陽も見えます。


津波で何も無くなった と思ったのに、それは間違いで、こんなになんでもあるよと云う事がわかり、ありのままでいいと云うか、ありのまましかないことも豪邸が教えてくれました。


引退にあたっても、博物館に入れて、ずっとずっと、とっておきたい 「もう殿堂入り」だよって思うほどですが、それは許されず、「無くても在る」を教えてくれた豪邸は、6月にお別れすることになりました。何度もありがとうございましたと声をかけたい自慢の豪邸です。


以上は斉吉商店ホームページより引用しております。

2012年5月28日 21:20ありがとう 豪邸

 被災地からのレポート

 

豪邸には本当にお世話になりました。


来月には、解体することになりました。私は、28日から長い行商やらでずっと豪邸に戻れないし、もう、とてもとても 寂しい気持ちになってしまいました。

 

 

(続きはこちら)

2012年5月18日 11:31仙台で催事販売!(5/17~5/22)

 被災地からのレポート

5月17日(木)から22日(火)まで、
仙台の藤崎デパートの7階催事場で開催されている、
「第8回OH!バンデス 日本全国おとり寄せグルメフェア」に
斉吉商店が出展しています。

お近くの方は是非!

「いらっしゃ~い!」
saikichi
こちらで、フェアの詳細やその様子のレポートをご覧いただけます!

2012年5月2日 16:002012年5月 斉吉魚問屋便り 「牡蠣やわかめの舞い踊り」

 被災地からのレポート

 

こんにちわあーっ どどどどどっ。


弾む元気な叫び声と一緒に、うちの豪邸(笑)の階段を駆け上がる音声を聞いて立ちあがった途端もう目の前に牡蠣の袋をいっぱい持って盛屋の一代さんがいました。


すごい勢いです「これ!見でっ 見でっ こんなになったの。真っ先に持ってきたよー


(続きはこちら)

 

2012年4月26日 22:50引越し開始

 被災地からのレポート

 

皆様


いつも大きな応援をいただき、ありがとうございます。


4月24日、ちょうど一年前の同じ日に「セキュリテ被災地応援ファンド」がスタートしました。


このファンドと皆様に繋がったことが、私たちが今日、元気で仕事ができている事の大きな理由の一つです。


ようやく本郷6-11豪邸(笑)と云われる建物の有る敷地内に、工場と店舗と事務所が引っ越しをすることとなりました。自社のWEBページでご案内していますので、よろしければ、ぜひご覧ください。
http://www.saikichi-pro.jp/numa.php?MODE=put&ID=1022


引っ越した工場と店の様子は、引き続き、報告いたします。


斉吉商店 斉藤和枝

 

2012年4月26日 22:10これからの予定です

 被災地からのレポート

 

私たちが「行商」と呼んでいる さまざまな催事のスケジュールをご案内します


★4月28日 みやぎ海の市イン山形 11時から14時30分 山形市七日町ほっとなる広場 (一日限り)
★5月2日~7日 伊勢丹新宿本店 B1フードコレクション
★5月17日~22日 仙台藤崎7階催事場「おーばんです コレクション」
★5月30日~6月6日 大阪 阪急梅田本店 B1食品売り場
★6月13日~19日 三越 日本橋本店 B1フードコレクション


ご都合よければ ぜひ会場でお目にかかれれば ありがたいです。

 

2012年4月26日 22:00銀座で 初!イベント

 被災地からのレポート

 

商品の販売などの催しと違う 初の 出前 気仙沼斉吉を開きました。
4月6日「銀座であずまっぺし ランチ」です


さぁっ!出発式やるぞー

 

 


(続きはこちら)

2012年4月5日 15:20店の内装工事はこんな感じで進んでいます

 被災地からのレポート

皆さまこんにちは。

斉吉商店の斉藤和枝さんよりお便りです。

--------------------------------------
いつもいつも、応援頂きありがとうございます。

一年がたって、皆様お一人お一人から頂く応援のおかげで仕事をさせて
いただいていると、ますますその思いを強くしております。

工場と店がもう少しのところまで来ています。

ご報告を兼ねてHPに「工場と店と雪の話」をアップしました
ご覧いただければ有難いです。

また4月6日は、初めての試み「銀座であづまっぺしランチ」を
開催することとなりました。
気仙沼斉吉の小さい出前です。
お客様にお目にかかることが楽しみです。

今月半ばには、ようやくHPもリニューアルしてお使いやすくなる予定です。

おかげさまです。
ありがとうございます。

またご報告します。


斉吉商店 斉藤和枝
--------------------------------------

これが少し前(2月25日)のお店の様子です。
今はどんな風に進んでいるか、是非写真でご覧になってみてください。
斉吉

-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年4月5日 11:31本が出ました!

 被災地からのレポート

”先月26日に、日経BP社さんから「おかみのさんま」という本が出ました。

たくさんのお世話になった皆さんへの報告にと
日経BP社の編集の染原さんが、勧めてくださいましたが、
またもたくさんの方のお世話になりました。

帯は糸井さんが書いてくださいました。ただただ有難いばかりです。

改めてこつこつと自分たちの仕事を積み上げ
いつかご恩をお返しできるように・・・と思っています。 ”


斉吉
-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年4月2日 15:15「『気仙沼さんま寄席』です」

 被災地からのレポート

以下の内容は、斉吉魚問屋便りより転載しています。


-----------------------------------------------

何と!「ほぼ日」さんが 立川志の輔師匠の落語会を企画してくださいました。

素晴らしい 夢のような日でした。

大型観光バスが10台もきました。町の中を大勢の人が歩きました。
千人を超えるお客様が 東京から、全国から 気仙沼へおいでになりました。

そして、なんとも私の足りない言葉では伝えにくいほど
暖かくて「にこにこ」する空気で満ちました。

去年の今頃、毎日泥の中、壊れたものと失くしたものに覆われていた
気仙沼にこんな一年後が用意されていた事が、
また傷ついている町の中でもこんなに嬉しい空気でいっぱいになった事が、夢のようです。

地元でたくさんの人が関わって準備しました。
それぞれが初めて取り組む事も多く、越えなければならないハードルがいっぱいありました。
これもさんま寄席の大きな収穫だったと感じています。


師匠の落語は繰り返し思い出すたびに、私たちの中で魅力を増しています。
話の中で「えっ」
と思うほど長い間(ま)がありました。
「えっ」と聞き耳を立てるほどの小さい声もありました。
千二百人がカタリとも云わず 静まり返るなかでの小さい声です。
反芻して思い出しているうちにふと、
震災直後生活音のしなくなった町で情報を探したことを思い出しました。
そんな集中力や師匠が話の中でおっしゃった想像力のことを改めて考えています。

気仙沼においで下さった皆様とほぼ日の皆さん、糸井さん、志の輔師匠、心より感謝です。

斉吉
-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年3月11日 06:00伊勢丹新宿本店での販売は13日(火)まで!15日(木)からは大阪うめだ阪急本店で

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。


斉吉商店さんの新商品「小さくて辛い金のさんま」の販売が、13日(火)まで、
伊勢丹新宿本店で行われています。15日(木)からは、大阪うめだ阪急本店にも、
うかがわれるそうです。伊勢丹新宿本店では、「三陸とれたて市場」も販売を
行っておりましたので、どうぞ、お立ち寄りください。


早速、「小さくて辛い金のさんま」を購入させていただいて、いただきました!
「辛いっ!」という感じではなくて、いただいているうちに、じっくりと辛みが
感じられるビールとの相性抜群でした。


また、ホームページには、「店主 斉藤和枝の斉吉魚問屋便り「1年がたちました」が
掲載されております。こちらも、合わせて、お読みください。





--------------------------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンド詳細およびお申込はこちら

2012年2月20日 17:10世界からのメッセージ

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

 

NHK国際放送局さんが世界から斉吉商店への応援メッセージを募集するホームページを作ってくださったそうです。

 

[画像をクリックすると、NHK国際放送局のホームページに移動します。]

 

もうメッセージが届き始めているそうです。


-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら:
http://oen.securite.jp/

 

2012年2月10日 17:44本気で甲子園目指すベストメンバーのような気持ち

 被災地からのレポート

皆様、斉吉商店よりお便りが届きました。

ちらりと見える下の写真は、何だと思いますか?!

-----------------------------------------------------------
皆様、いつもたくさんの応援をいただき ありがとうございます。

また商品もお買い上げいただき 重ねて御礼申し上げます。


saikichi


ようやく工場の形が少し見えてきました。
これは排水溝の写真ですが、見つけた途端本当に嬉しく、思わず写真をとりました。

まぁこんなコンクリートの型枠なのですが、
なんとも言いようがない気持ちになり
「がんばっぺね」と 撫でてあげたい感じです。


社長は、前よりだいぶ小さくなる今度の工場について、少数精鋭で
足りないものは多いけれど、本気で甲子園目指すベストメンバーのような気持ち・・・・(笑)
と言っています。


こちらでより詳しい状況がご覧になれます、どうぞご覧ください。

-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら:

2012年2月9日 15:06第二弾 さんま味付生つみれセキュリテセット販売開始!支払留保金もご利用可能です!

 被災地からのレポート

いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズの渡部です。

斉吉商店から、第二弾のセキュリテセットが販売開始致しました。
新商品の「さんま味付生つみれ」と、大人気商品の新商品の「金のさんま」を
セットに致しました。絶品の生つみれをお楽しみください!

初めてお買い求め頂く皆様、
既に第一弾をお買い求め頂き、他の商品もご関心をお持ちの皆様、

ご自宅用はもちろん
、贈り物にも是非ご利用下さい!

購入には、支払留保金額もご利用頂けますので、
この機会にご活用頂き、斉吉商店を応援して下さい!
(これまで分配金の受け取りを留保されたことが無い方は、お振込をご選択下さい。)

※会員登録(無料)がまだの方はこちらからご登録ください。


「斉吉商店 生つみれ金のさんまセキュリテセット」は、
ここでしか買えませんので、ぜひお早めにお買い求めください。

※予告なく受付を終了する場合がございますので、あらかじめご了承ください。


セット内容はこちらです!

 

■セット内容:斉吉商店 生つみれ金のさんまセキュリテセット


・さんま味付生つみれ:(120g×2)×2パック  (冷凍)
・金のさんま:150g×4パック  (冷凍)

234

(さんま味付生つみれ)
添加物・保存料不使用。
お湯とお醤油があればOK!!
気仙沼に水揚げされた新鮮なさんまと仙台味噌、たまご、しょうが、
少量の片栗粉だけで作りました。
つみれからっとてもおいしいダシがでます。
ネギや大根などの野菜やお豆腐と一緒に!
2~3人ですと、1パックでつみれがたくさん食べれます。
ハンバーグのように焼いてもとてもおいしいです。

※原材料:さんま(北海道または三陸)、澱粉、全卵、味噌、しょうが(原材料の一部に大豆、鶏卵を含む)
※賞味期限:冷凍保管製造日より90日(要冷凍(-18℃以下で保存))


(金のさんま)
第15回全国水産加工品総合品質審査会において
『大日本水産会会長賞』を受賞。

根しょうがと一緒に、地元気仙沼港で水揚げされた
新鮮で脂ののったさんまを、お鍋でじっくりコトコト
時間をかけて骨が柔らかくなるまで煮込みました。
もちろん、無添加・保存料等も使っていないので安心。

※原材料:さんま(北海道または三陸)、三温糖、醤油、清酒、しょうが、みりん、還元水飴、玉砂糖、
魚醤(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
※賞味期限:冷凍保管製造日より90日(要冷凍(-18℃以下で保存))

 ■価格:4,000円(税込、送料込)/セット

 社長と専務 1

斉吉商店厳選のセキュリテセット第二弾です!
今年は 地域全体に原料の冷凍設備が不足したため
すべて 生から つみれに加工しました。
骨まで丸ごとミンチしてありますが 全く骨は当たりません。
解凍後 スプーンですくって 沸かしたお湯の中に 落としてください。
つみれから たっぷり出しが出ます。お醤油で 味を調えるだけです。
私は 出来上がったつみれ汁におろし生姜を絞ったり、
柚子胡椒を入れていただくのが好きです。お試しください。

豆腐を混ぜてハンバーグのようにフライパンで焼いても美味しいです。
柚子胡椒、大根おろしにポン酢、生七味等とても合います」。

■お申込受付期間:2012年2月9日~

※期間は設けておりませんが、事前の告知なく終了する場合がございます。

※受付終了後は、お申込頂くことはできません。

 

■お支払い方法:お申込後、当社からお送りする

確認のメールに記載の口座へ、

以下期日までにお振込をお願い致します。

支払留保金額もご利用頂けます。

※お振込手数料は、ご負担下さい。

※送料は商品代金に含まれます。

※支払留保金額をご利用の際は、申込確認メールに詳細を記載致します。

 

■お振込期日:ご注文受付のメールをお送りしてから3営業日以内

※必ず期日までにご入金頂きますようお願い申し上げます。

 

■商品発送時期:ご入金確認後、随時発送致します。

※日時指定の場合、発送作業の関係上、ご入金頂く日から5営業日以降でご指定下さい

※状況によって、多少前後する場合がございます。何卒ご了承下さい。

ご入金後の発送となります

※遠方など、ご指定頂いた期日の配送が難しい場合は

電子メールにて別途ご連絡致します。

 

 

 

■商品発送までの流れ:

 

1. (お客様)お申し込みフォームより購入情報のご入力

2. (当社)お申込後、振込口座が記載された確認メールを送付

3. (お客様)当社指定の口座へ購入代金をお振込 ※ご注文から3営業日以内

4. (当社)ご入金確認完了のご連絡

5. (当社)随時発送致します。 ※お届け日指定はご入金びから5営業日以降となります。

 

 

■お申込方法:ご注意事項をよくご確認頂いた上で、以下フォームよりお願い致します。

 

【ご注意事項】

※配送は日本国内のみとさせていただきます。
※お申込後、ご入金期日を過ぎますと、キャンセルとなりますのでご注意下さい。

※当社理由による不良品(破損等)につきましては、商品到着後7日以内のご連絡にて交換致します。

※お客様のご都合による返品・交換はご遠慮下さい。また、ご不在やご指定の住所不明など、
お客様のご都合により、指定日に商品を受け取れなかった場合、再送や返金は対応致しかねます。

※配送途中での破損事故などがありましたらお手数ですが下部のメールアドレスまでご連絡下さい。
送料・手数料ともに当社負担にて早急に再発送致します。

※複数個所に発送を希望される際は、フォームの「その他記入欄」に全ての発送先情報を
ご記載下さい。

※ご決済方法は、銀行振込と支払留保金額のいずれかとなります。

購入代金をお振込頂く際は、必ず期日までに、当社からのメールに記載の口座へお振込頂きますようお願い致します

万が一出資金お振込口座へご入金をされた際は、返金となりますのでご了承ください。

その際の返金は、振込手数料を除いた額を返金致します。

※複数個購入頂いた場合も、送料込の価格×購入セット数の金額となります。

 


【お申込】

斉吉商店 生つみれ金のさんまセキュリテセット(4,000円) 注文はこちらから

 

お申込に進む

 



ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

2012年2月5日 06:00斉吉魚問屋便り「ばあちゃん 磯まわり」

 被災地からのレポート

朝は-10度。痛いような寒さの日が続いています。浜へ降りた時の寒さは、なお一層です。こうなると、「春は少しずつやって来るはず」と、気配探しをしたくなります。


真っ先に思い浮かび、「どうだべ?」と思うのが、わかめを始めとする海藻の様子です。柔らかい新芽のわかめが採れるころ、浜近くの暮らしには「磯まわり」の仕事があります。


「まつも」や「ふのり」採りです。潮の引いた磯に長くつを履いて降り、冷たい風と冷たい海水のなか、岩から海藻を刈ります。とれた海藻は担いで、坂をずっと上って家に持ち帰り、細かいごみを丁寧に取り除き、天日に干します。


主役は、ばあちゃん。




-----------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年1月11日 15:30【斉吉商店】 新年のご挨拶

 被災地からのレポート

皆様、新年明けましておめでとうございます。


おかげさまで、みんなが元気で新しい年を迎える事ができました。いつも親身の応援をいただき、心から御礼申し上げます。

 

元旦は毎年と同じに、中尊寺さんへお参りをしました。昨年中、お守り戴いた御礼をお祈りする事ができ、本当に清々しく、すーっと安心するような思いがします。



1月5日全員揃って年始朝礼をしました。

 

社長から、「去年はスピードと言い続けたが、今年はじっくり落ち着いてすることを増やす」という話と「斉吉は家業だから、社員は家族。何人になってもそれぞれの気持ちが行き届くように」という話が有りました。みんなからのそれぞれのお話もひとつひとつが素晴らしく(涙)感動のスタートでした。


今年の力点は「工夫」と「整理整頓」です。


・今までと同じにやれることとそうでないこと。また変えなければならないことが次々とやって来ます。できないと言わず、どうしたらやれるかを工夫、そしてさらに工夫しよう


・狭くて不便な場面が多いけど周辺を整理整頓し、さらに心を整理し、いろいろなことに落ち着いて対応できるようにしよう


こちらは仕事始めの工場で 千加ちゃんの話を聞くみんな。

 



毎日怒られている人たち(笑)が前列(あれ?社長もいる?)です。


おかげさまで元気にスタートしております。明日からは、「あざら」炊きと去年からの新商品の試作の続きも始まります。


次回は工場の建設進捗をご報告いたします。


斉吉商店

 


セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2012年1月8日 11:00【斉吉商店】 2012年1月 斉吉魚問屋便り

 被災地からのレポート


震災前に本店のあった魚市場前は、文字通り気仙沼魚市場を目の前にした地区です。


多くの人やトラックが行き来し、朝は入札のアナウンスが聞こえ、さんまの時期は夜、入港船のライトが見えます。サメの時期は、サメの匂いがします。

(続きはこちら)


セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

2011年12月19日 17:56【斉吉商店】 年末のご挨拶

 被災地からのレポート

いつも応援いただき、心から感謝申し上げます。


今年は驚きの連続だっと思います。自分たちが、まさか、このような大きな災害の真っ只中で出会うとは今振り返ってさえ、不思議な感覚が致します。


そして、今年ほど多くの皆様に、たくさんの「手紙」や「メール」、「言葉」を頂戴した年はありません。そのすべてが大きな励ましです。
今年ほど、たくさんの手紙やメールを書いた年もありません。


特に、「セキュリテ被災地応援ファンド」を通じての応援と出資に出会えたご縁は何にもまして有難く幸せなことでした。おかげさまで、何も無くなった場所から、いち早く目標を描き進むことができ、一部ではありますが、確実に商品を製造し販売することが叶いました。


【みんなで仕事ができる】ということが、どれほど有難いことかを、強く身にしみて感じております。


日々の暮らしの中で、ついつい愚痴を言いたくなる時に、このような体験をさせていただいた自分たちの経験は大変有難いものとなりました。


おかげさまで、はじめの「一」に戻って歩き始めました。どうぞ、今後とも末長くよろしくお願いいたします。


皆様のご健康をお祈りしながら、年末のご挨拶にかえさせていただきます。
どうぞ、新しい年も希望の年でありますように。


気仙沼市  株式会社斉吉商店 

 


[おかげさまでお歳暮の出荷にて忙しい毎日です]

 

現在、募集中の「セキュリテ被災地応援ファンド」の詳細およびお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2011年12月15日 12:20【斉吉商店】 気仙沼市唐桑町の魅力

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

 

ぷりぷりの牡蠣が魅力の盛屋水産の自慢を、斉吉商店の和枝さんに行っていただく動画シリーズ。


第2回は、盛屋水産のぷりぷりの牡蠣が作られる唐桑の魅力です。今回の「盛屋水産つなぎ牡蠣ファンド」では、唐桑御殿の修繕費に充てさせていただきますので、唐桑御殿のもつ意味についてもお話いただきました。2分弱と短い動画です。どうぞ、ご覧ください。

 

 

先週は、斉吉商店の和枝さんに盛屋水産の魅力を語っていただきました。まだ、ご覧になられていない方は、こちらも合わせて、ご覧ください。
https://www.securite.jp/news/oen?a=439


「盛屋水産つなぎ牡蠣」の詳細および申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/218

 

2011年12月2日 17:00【斉吉商店】 盛屋水産は斉吉商店の自慢の種

 被災地からのレポート


こんにちは、ミュージックセキュリティーズの神谷です。

 

11月21日の本ブログでもご連絡させていただきましたとおり、斉吉商店の大切な大切なパートナーでいらっしゃる盛屋水産の復興を応援する「盛屋水産かきつなぎ牡蠣ファンド」が募集開始となりました。


先日、斉藤和枝専務がいらっしゃったときに、盛屋水産が斉吉商店にとって、いかに大切かうかがいました。シリーズで動画を掲載いたしますので、ご覧いただければ幸いです。

 

 

「盛屋水産つなぎ牡蠣ファンド」の詳細およびお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/218

2011年11月22日 22:04【斉吉商店】金のさんまと海鮮丼の特選セット販売開始!支払留保金もご利用可能!

 被災地からのレポート

※一部お申込終了と表示される状況がございました。
大変ご迷惑をおかけ致しました。現在は問題なく購入頂けますので、是非ご利用下さい。



いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズの渡部です。

この度ミュージックセキュリティーズ会員の皆様限定で、
【金のさんま】と【斉吉の海鮮丼】がセットになった「セキュリテセット」を
販売開始致しました。

ご自宅用でもお歳暮などの贈り物にも是非ご利用下さい!

購入には、支払留保金額もご利用頂けますので、
この機会にご活用頂き、斉吉商店を応援して下さい!
(これまで分配金の受け取りを留保されたことが無い方は、お振込をご選択下さい。)

※会員登録(無料)がまだの方はこちらからご登録ください。


商品は斉吉商店自慢の2商品が複数パックセットになった、
ここでしか買えない詰め合わせの「セキュリテセット」です。

※予告なく受付を終了する場合がございますので、あらかじめご了承ください。


セット内容はこちらです!


【斉吉商店 セキュリテセット】

 

■セット内容


・金のさんま(1パック150g、6切)×3パック

さんま

第15回全国水産加工品総合品質審査会において
『大日本水産会会長賞』を受賞。
根しょうがと一緒に、地元気仙沼港で水揚げされた
新鮮で脂ののったさんまを、お鍋でじっくり
コトコト時間をかけて骨が柔らかくなるまで煮込みました。
もちろん、無添加・保存料等も使っていないので安心。
気仙沼港水揚の新鮮なさんま骨までやわらかく佃煮にしました。
長年継ぎ足しで使い続けている返しだれを使い
他にはない味にこくがあります。
※賞味期限は製造後90日(要冷凍)
※解凍後はすぐにお召し上がりください。

 

・斉吉の海鮮丼(1パック100g)×4パック

海鮮丼

お茶碗か小さめのどんぶりで一人分の海鮮丼に
ちょうど良い量がパックしてあります。
具材は
- 気仙沼産のびんちょうまぐろ
- 斉吉特製醤油につけたイクラ
- 北海道の帆立やタコ
- 三陸産のとろとろめかぶ
です。
さっと醤油で味をつけていますので、解凍したら、
袋からそのままご飯にかけてお召し上がり下さい。
※賞味期限は製造後90日(要冷凍))
※解凍後はすぐにお召し上がりください。

 

 社長と専務

 社長と専務の思いのこもったっ金のさんまと海鮮丼です!

 

 セキュリテセット

セキュリテセットイメージ

 

  包装時

お歳暮用の包装イメージ

 

 

■価格:5,000円(税込、送料込)/セット

 

■お申込受付期間:2011年11月22日~

※期間は設けておりませんが、事前の告知なく終了する場合がございます。

※受付終了後は、お申込頂くことはできません。

 

■お支払い方法:お申込後、当社からお送りする

確認のメールに記載の口座へ、

以下期日までにお振込をお願い致します。

支払留保金額もご利用頂けます。

※お振込手数料は、ご負担下さい。

※送料は商品代金に含まれます。

※支払留保金額をご利用の際は、申込確認メールに詳細を記載致します。

 

■お振込期日:ご注文受付のメールをお送りしてから3営業日以内

※必ず期日までにご入金頂きますようお願い申し上げます。

 

■商品発送時期:ご入金確認後、随時発送致します。

※日時指定の場合、2011年11月30日以降のご発送となります。

※状況によって、多少前後する場合がございます。何卒ご了承下さい。

ご入金後の発送となります

※遠方など、ご指定頂いた期日の配送が難しい場合は

電子メールにて別途ご連絡致します。

 

 

 

■商品発送までの流れ:

 

1. (お客様)お申し込みフォームより購入情報のご入力

2. (当社)お申込後、振込口座が記載された確認メールを送付

3. (お客様)当社指定の口座へ購入代金をお振込 ※ご注文から3営業日以内

4. (当社)ご入金確認完了のご連絡

5. (当社)随時発送致します。 ※お届け日指定は11月30日以降となります。

 

 

■お申込方法:ご注意事項をよくご確認頂いた上で、以下フォームよりお願い致します。

 

【ご注意事項】

※配送は日本国内のみとさせていただきます。
※お申込後、ご入金期日を過ぎますと、キャンセルとなりますのでご注意下さい。

※当社理由による不良品(破損等)につきましては、商品到着後7日以内のご連絡にて交換致します。

※お客様のご都合による返品・交換はご遠慮下さい。また、ご不在やご指定の住所不明など、
お客様のご都合により、指定日に商品を受け取れなかった場合、再送や返金は対応致しかねます。

※配送途中での破損事故などがありましたらお手数ですが下部のメールアドレスまでご連絡下さい。
送料・手数料ともに当社負担にて早急に再発送致します。

※複数個所に発送を希望される際は、フォームの「その他記入欄」に全ての発送先情報を
ご記載下さい。

※ご決済方法は、銀行振込と支払留保金額のいずれかとなります。

購入代金をお振込頂く際は、必ず期日までに、当社からのメールに記載の口座へお振込頂きますようお願い致します

万が一出資金お振込口座へご入金をされた際は、返金となりますのでご了承ください。

その際の返金は、振込手数料を除いた額を返金致します。

※複数個購入頂いた場合も、送料込の価格×購入セット数の金額となります。

 


【お申込みフォーム】

年内の発送は、2011年12月26日までにご注文及びご入金頂いた方までとなります
2011年12月27日以降のご入金の場合は、2012年1月6日以降の到着となります。
何卒ご了承下さい。

ご注文はこちらから

お申込に進む

 

 

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

2011年11月21日 20:00【斉吉商店】 「冬の贈り物」の御案内準備が進行中

 被災地からのレポート

皆様 


いつも応援いただき心より御礼申し上げます。


ようやく、【冬の贈り物】の御案内準備が進んでいます。去年のパンフレット紙面の3分の1以下になりましたが、おかげさまで自社商品を作ることができました。遅れてはおりますが、お届けまで、あと少しとなりました。とても嬉しく、有難いことです。



気仙沼市内や三陸沿岸にお住まいだったお客様の御住所が変わり、また避難先と2か所になっていたりということで、わかる限り手作業を入れて、なんとかお手元に届けられるよう工夫をしています。インターネットのホームページ上でも御案内いたします。良かったら、眺めて下さいますよう。


【魚問屋たより】2011年11月号 NO50 更新しました。
http://www.saikichi-pro.jp/magazine.php?mode=put&no=201111


【気仙沼のはなし】日本一のカツオ(2011年11月) 更新しました
http://www.saikichi-pro.jp/numa.php?MODE=put&ID=1014


ご覧ください


それから、あと2つ。


ひとつは 


11月30日~12月6日 新宿伊勢丹本店 フードコレクション


に出店します。


今年は


12月26日~31日 大歳の市(新宿伊勢丹本店)

へも初出店します。


お近くのお客様、御都合よければ、ぜひお越しください。


もうひとつは


唐桑の盛屋水産さんのファンド

 

が立ち上がります。


斉吉の【炭火焼き牡蠣のオリーブオイル漬け】の牡蠣を育てていた漁師さんです。私たちが大好きな一代(いちよ)さんが11月30日の説明会に出席予定です。
http://www.saikichi-pro.jp/food.php?MODE=put&ID=1005


どうぞよろしくお願いします。


またご報告いたします。

斉吉商店 斉藤和枝

 

セキュリテ被災地応援ファンドはこちらから
http://oen.securite.jp/

 

2011年11月17日 12:00【斉吉商店】次回 伊勢丹新宿本店フードコレクションへの出店

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

斉吉商店さんが、今月末から伊勢丹新宿本店フードコレクションへ参加予定です。お歳暮や年末年始のご家族や親戚の皆さまへのお土産に、どうぞお買い求めください!


11月30日~12月6日【人気の味特集】

12月26日~12月31日【大歳の市】

(※)営業時間等詳細は、伊勢丹のホームページをご確認ください。


また、既にお読みになられた方も多いかも知れませんが、震災後、半年が経過した9月に伊勢丹新宿本店に戻ってこられたときのお気持ちを和枝さんがHPに掲載されていましたので、こちらでも掲載させていただきます。

(以下、引用)


3月8日まで新宿の伊勢丹さんのお買い場で斉吉の商品を販売していました。9日も東京で別の仕事をしたので、気仙沼に戻ったのは10 日。1週間以上会社を空けたので、机の上にたまっていた用件を確認してその日は終わりました。翌11日高島屋さんの半年ほどかかった新しい企画の原稿が最終となり、その確認作業を終え、午後に工場へ行きました。


そして津波に会うこととなりました。以来、1か月もすぎてから、ようやくパソコンに通信端末を手に入れインターネットがつながりました。繋がった途端、こちらではお名前も存じ上げない大勢のお客様が斉吉を心配し、お励まし下さるメールに会いました。社員は無事か?会社はどうか?商品はどうか?足りないものはないか?手伝えることはないか?さらにそのメールの中で、商品を褒めて下さり、必ず復活することを待つという内容のお励ましです。


毎日泣きながら読みました。地元がインターネットにつながる環境にないため、首都圏のお客様からのメールが多く、特に伊勢丹で3月に商品をお求めいただいたばかりだというお客様が何人もおいででした。


その頃は町全体が暮らすだけでも精一杯ですし、工場も商品も何一つ有りませんから、いつ、どのように、このお励ましにお応えできるのだろうと、途方もない気持ちでした。ただ、必ずあのきらきら輝く(そんなイメージなのです)お買い場に戻ると疑わず信じていました。


5月20日、震災後初めて上京しました。長靴とカッパばかりの生活でしたが、靴に履き替え家を出ることすら周囲にはばかるような思いでした。泥の中から拾い出した靴を仙台で捨て、新しい靴を買って履き替えました。その日伊勢丹さんと9月に、お買い場に戻ることをお約束しました。工場も何も無くなった斉吉ですが、9月に復活することを信じて様々なリスクのある中、そのように決めて下さいました。翌日にお会いしたお取組み先も9月からの販売再開を約束下さいました。


さあ、それからは何が何でも9月再開をしなければならないと、「ヒッシ」です。


9月7日、新宿伊勢丹の輝くお買い場に戻れた時の感動は書ききれないものです。そこに立っただけで、すべての事が有難くてたまりませんでした。


それなのにお客様が次々と「お帰りなさい」と声をかけて下さるのです。「よくがんばりましたね」とお母さんのような言葉をかけて下さる方もたくさんおいでになり、先にお客様が泣かれてしまうので、私たちは「ヒッシ」の笑顔でした。


本当に幸せなことです。


この日の思いは決して忘れられず、また次世代にも繋がなければならないものです。何も無くなったというのは大間違いです。


もっと良い商品を作り、大事にお客様にお届けすることをこつこつ続けて参ります。


いつもより長くなってしまいました。お読みいただきありがとうございます。


セキュリテ被災地応援ファンドへのお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

2011年11月11日 16:00【斉吉商店】11/22 斉藤和枝専務取締役が「生き方カレッジ2011」に登壇【女性限定】

 被災地からのレポート

斉吉商店の斉藤和枝専務取締役が、朝日新聞が主催する「生き方カレッジ2011」第4回のゲストとして、登壇します。


「生き方カレッジ」は、<仕事><女><家族><地域>の4テーマで、これからの時代の「新しい『幸せのモノサシ』」を議論する連続セミナーです。


和枝さんは、第4回<地域>の回に登壇し、「国をつくる 地域を創る」をテーマに、話をします。


学者を目指していたのに、気づくと貧しい国を支える仕事をしていた西水さんは「『良い国にしたい、地域や家族をよくしたい』と思う人が多数派。味方はたくさんいるから、がんばれる」と言います。


大震災で壊滅的な被害を受けながらも、「気仙沼を元気に」と再開に動いた斉藤さん。


活躍の舞台は世界と地方と異なりますが、仕事人として目指すもの、その生き様には共通点があります。


人はなぜ、働くのか?

お二人とともに考えます。


下記の要項をご確認の上、お申込みください。

==============================================

      生き方カレッジ2011      
     丸の内発・女性未来フォーラム    
   ―新しい「幸せのモノサシ」を創る―   
 http://joblabo.asahi.com/list/college_2011 

==============================================

開催概要
日 時:2011年11月22日(火)
     19:00―21:30(18:30受付開始)
会 場:丸ビルホール
     東京都千代田区丸の内2-4-1
     http://www.marunouchi-hc.jp/hc-marubiru/info/
定 員:150名(女性限定)
参加料:1回 5,000円
お申込:下記のサイトよりお申し込みください
     http://joblabo.asahi.com/list/college_2011
主 催:朝日新聞社、三菱地所
問合せ:電話 03-5540-7616
    (朝日新聞お客様オフィス 平日9:00-21:00 土曜9:00-18:00)

プロフィール:
西水美恵子さん 元世界銀行副総裁


米有名大助教授として学者の道を極めるつもりの人生を、一つの出会いが変えた。1年間の研究休暇で世銀にいた際、エジプトの首都カイロ郊外を訪問、泣き崩れる母親からナディアという名の娘を抱き取った瞬間、軽さに驚く。医者が間に合わず脱水症状のまま腕の中で亡くなった子。豪華な建物が並ぶ都会の隅に見た貧富の差。


米国への帰途、世銀に残り途上国の貧困と闘うと決意。49歳で日本人初、女性初の地域担当副総裁に。貧困生活を体験し、本部より現地職員を増やすなど現場主義で改革。「良い国にしたいと思う人は多数派。味方がいるから頑張れる」。


斉藤和枝さん


国内有数の水揚げ高を誇る宮城県気仙沼の老舗廻船問屋の3代目。新鮮さにこだわり、看板商品の「金のさんま」などを全国販売。過疎が進む地方で、地域の魅力を伝え、付加価値ブランドを育てようと戦ってきた。


「本当を言うと、震災の前から東北は大変でした」。震災で食品工場や店舗、自宅など全てを失ったが、民間ファンドで資金を集めて事業再開。

間借りした加工場での生産も始まり、9月には東京でも販売した。「せっかく目を向けてもらっているうちに」と、地域全体の情報発信力を上げる活動も始めた。「震災前よりもっといい町をつくる」。

2011年11月9日 22:40【斉吉商店】 セキュリテ被災地応援ファンドツアー

 被災地からのレポート


ミュージックセキュリティーズの神谷です。


11月3日にセキュリテ被災地応援ファンドツアーを行いました。30名以上の方にご参加いただきました!斉吉商店の皆さんにもご参加いただきました。

 

[大量旗で迎えていただきました]

 

[社長を筆頭に社員皆さんをご紹介いただきました]

 

[お昼に海鮮丼を用意していただきました]

 

[さんまのつみれ汁も用意していただきました]

 

斉吉さんによると、9月からは、間借りしている工場を岩手県内の工場から気仙沼市内の工場に変えていらっしゃるとのことです。皆さまからご出資いただいた資金の一部を活用させていただいた機械も活動しています。


そして、いよいよ斉吉商店ファンドの対象となる新工場も、今月末から工事が開始され、来年2月~3月に操業開始予定とのことです。楽しみですね。


青空のもとで、いただいた海鮮丼は、とっても美味でした!参加者の皆さんが笑顔で召し上がっている様子をご覧になられている斉吉商店の皆さんの笑顔がとても印象に残っています。来年春、工場が完成したら、また開催できるといいなぁ。


セキュリテ被災地応援ファンドへはこちらからお申込いただけます
http://oen.securite.jp/

 

2011年10月31日 21:45【斉吉商店ファンド】 今週はセキュリテ被災地応援ファンドツアー

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。


ミュージックセキュリティーズの神谷です。


いよいよ、今週は、セキュリテ被災地応援ファンドツアーです。(お陰さまで、定員を超えるお申込をいただき、受付は終了となっております。)


気仙沼の斉吉商店のほか、アンカーコーヒー、石渡商店、丸光食品、そして、大崎の寒梅酒造を訪問いたします。


斉吉商店工場敷地での交流ランチ会もあります。


当日の様子は、セキュリテ被災地応援ファンドのブログでも、ご報告させていただきます。


今から、3日が楽しみです!


セキュリテ被災地応援ファンドお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

2011年10月24日 21:50【斉吉商店】 ご出資いただいた皆さまのお陰でガス式のスチコンを導入できました

 被災地からのレポート

皆様いつもいつも大応援をいただき、感謝申し上げます。


今日はファンドでご出資いただいたなかから一番初めに準備することができました、ただ今大活躍中の「スチームコンべクションオーブン」について、詳しくご報告させていただきます。


「スチームコンべクションオーブン」は、オーブンというだけあって焼くことはもちろんですが、スチームですから蒸すことができます。オーブンのように閉じた中で蒸すのですが、無圧です。時間と温度を決めて調理することができます。


斉吉ではこの機械を存分に使って様々な商品をつくっていました。特に魚介類を固くしないで、柔らかく加熱するために活躍していました。


以前は、「ホテルパン」というバットが30段のものが1機、24段が1機、10段が2機、6段1機と5台有りましたが、今回は写真の10段と、こちらはスペースの関係でまだ設置していませんが、6段2機購入させていただきました。

 

 


前に立っているのは金のさんま担当大臣の千加ちゃんですが、実は金のさんまを炊くときに欠かせない工程が、「スチコン(こう略しています)」にあります。はじめに表面だけ、さっとスチームをかけるのです。


それから今回さらに有難かった事を報告します。


気仙沼は被害が大きく、なかなか地元での工場再開できない理由のひとつに電力の問題があります。


通常、工場は「キュービクル」という大きなブレーカーのような働きをする機械を入れるのですが、これは前の斉吉の工場で「キュービクル」だけで450万位かかるものです。被害に遭って、電気が通ることもままならないなか、よその工場を借りることになっても、半年ほど借りるのに電気の容量を増やすことは大変なことでした。


次の自社工場に移るにつけても、冷蔵庫冷凍庫、空調はじめ、電気の容量は、ほんとに大きいのです。そこで、今回大きく電気を使うスチコンをガス式でお願いしました。


日本で「スチコン」はほとんどが電気です。早くご出資いただいたことで、時間のかかるガス式の発注がより早くできました。ヨーロッパでは、ほとんどがガス式です。


おかげさまで、他の冷凍庫等電気でなくてはならないものとガス式の「スチコン」と共存で、お借りした工場で順調に仕事ができています。「スチコン」の工程の後は、もちろん鍋になりますが、写真のように細かい泡が鍋の表面を覆い、とてもいい塩梅です。

 


自社仮設工場に引っ越せる日を楽しみに待ちながらも、中才工場で商品がつくれて幸せです。


ありがとうございます。


またご報告いたします。

 


斉吉


セキュリテ被災地応援ファンドへのお申込はこちら
http://oen.securite.jp/
 

2011年10月5日 12:00【斉吉商店】 10月4日から新宿伊勢丹に出店

 被災地からのレポート

いつも、応援いただき、本当にありがとうございます。
地元の店舗はまだ無いのですが、おかげさまで「金のさんま」はじめ、いくつかの商品の販売が始まりました。


地元紙に仮事務所の住所と電話番号を載せた日から、例の豪邸(?笑)にお客様が(しかも2階なのに・・・)おいで下さり、大変にご不便をお掛けしながらも、商品をお求めいただいています。なかには、「わかりにくくて半日探した」というお客さまもおいでになり、本当に申し訳ないやら有難いやらで、何とか早く一階のお店をと願っています。


首都圏でも9月に入ってからは百貨店のお得意様販売会に始まり、少しずつ販売をさせていただく機会が増えました。10月4日からは8日間、新宿伊勢丹の「フードコレクション チアーアップ日本」に出店します。私たち斉吉スタッフ参りますので、「ご都合よければ皆様にお目にかかれれば・・」と思います。7日からは銀座に気仙沼のアンテナショップができます。(期間限定約1年位だそうです。)


それから・・・
10月1日、東京虎ノ門でNPO法人ETICさんが主催する【みちのく仕事 右腕募集】に行ってきました。地元で数社集まって気仙沼で働く若い人たちの情報発信力を上げるため、指導していただきつつ一緒に働く右腕さんを募集するためです。ITとか、Eなんとか・・・とついただけで固まりそうになりましたが、良い出会いになりそうな、有難い日でした。写真は翌日の東京新聞だそうです。東京の知り合いが送ってくれました。

 

 

では、また東京に向かいます。


斉吉 斉藤和枝

 

2011年9月20日 14:57投資家の皆様へお礼

 被災地からのレポート

斉吉商店の専務取締役である斉藤和枝さんより
投資家の皆様へお礼のお手紙が届きました。

皆様、大変有難うございました。
これから長いお付き合いを、どうぞ宜しくお願いいたします。


2011年9月12日 12:00【斉吉商店】 新宿伊勢丹への出店にお邪魔してきました

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

 

9月7日より行われている新宿伊勢丹の斉吉商店の物産展にお邪魔してきました。

「いつも定期的に呼んでいただいていただいたのに、半年も空けてしまって、、、」と仰っていた斉藤専務。
久しぶりに出店をすることができて、本当に嬉しそうな表情がとても印象的でした。

 

      お店に訪れていただいた方に、笑顔で丁寧に商品のご紹介をされる斉藤和枝専務

 

                           金のさんま

 

                             海鮮丼

 

                         豪華海鮮丼4種

 

                        さんま一汐開き

 

残念ながら、海鮮丼などはまだ試食はできていないのですが、最近、魚をあまり食べなくなった息子でさえ、甘くて美味しいとおかわりを要望した「金のさんま」のように、味は折り紙つきですので、今から楽しみです。(昨日、取材をされていた日本テレビの方々は、気仙沼で「金のさんま」を食した後、あまりの美味しさに、皆さまご実家に送付されたとか。)

 

商品に、添加物などは利用していませんので、子どもにもおすすめです。

フードコレクションへの出店は9月13日までです。

どうぞ、足をお運びください。


「斉吉商店ファンド」はお陰さまで、満額のお申込をいただきましたが、
引き続き、被災企業を応援するファンドは募集中です。

9月14日には、「セキュリテ被災地応援ファンド説明会」を開催します。
無料ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

詳細・申込はこちら:
https://www.securite.jp/news/oen?a=204

 

2011年9月3日 11:00【斉吉商店】 9月7日から新宿伊勢丹本店フードコレクションに参加

 被災地からのレポート

 

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

 

斉吉商店が9月7日~13日まで一週間、新宿伊勢丹本店フードコレクション(地下1階)に参加します。

 

「ガイアの夜明け」でも紹介されましたとおり、新工場の建設にはまだ少し時間がかかりますが、内陸の工場の一部をお借りして生まれた商品をお持ちいただきます。

 

商品はこちら:

 

・金のさんま( http://www.saikichi-pro.jp/goods.php?GOODS_ID=1008
・海鮮丼
・豪華海鮮丼 4種類( http://www.saikichi-pro.jp/goods.php?GOODS_ID=1160
・新さんまの開き

 

近辺にお住まいの方、足をお運びいただければ幸いです。

 

なお、夕方になると品切れになってしまう場合があるかもしれないとのことでございますので、お早めにお立ち寄りいただければ幸いです。

 

2011年8月23日 12:00【斉吉商店】 皆さまの出資金で機械を購入

 被災地からのレポート

皆様、いつもいつも本当にありがとうございます。


おかげさまで、今日「応援ファンド」に出資いただいた中から、まずスチームコンべクションオーブン2台と真空包装機が1台到着しました。嬉しくて嬉しくて、機械をなでたりしてばかりいて、写真を撮るのさえ忘れました。
この次改めて報告します。


画像は無いですが、まずは早くに機械を購入させていただいたことへの御礼を申し上げます。斉吉にとって【これさえあれば】という真っ先にそろえたい機械です。ありがとうございます。


9月からの販売に向け様々な準備が大忙しとなって来ました。海鮮丼も製造はじまりました。

 

 

震災前に刈り取っためかぶは被災を免れた冷凍倉庫に保管してあったものを他社さんから譲っていただきました。

 

三陸いくらも震災前のもので貴重品です。斉吉、得意の醤油漬け。



青森産のアワビは柔らか煮にしたものを使います。



たこは北海道から。

 


つくづく考えます。


なんて大勢の人のお世話になって商品はできるのだろう。斉吉だけでできることなど、ほんのわずかなことです。魚をとる人、貝を育てる人、それを運ぶ人、機械を作る人、電気工事・水道工事、パッケージデザインをする人、資材を作る人。数えればきりがない大勢の人のご苦労の上に、今日の商品があります。さらに、出資いただた皆様に応援いただいているのです


本当にありがたいことです。


斉吉商店 斉藤和枝

 

2011年8月16日 11:00【斉吉商店】 9月7日からは、いよいよ伊勢丹新宿本店で販売開始

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。いつも応援をいただき、本当にありがとうございます。


少し前の話になりますが、気仙沼で、台湾のアーティスト、スミンさんのライブがありました。

 


  
私たちはご飯の差仕入れを頼まれたので、【合点承知!】と準備をしました。


スミンさんのライヴはとてもとても素晴らしく、すっかりスミンワールドに引き込まれました。


海に囲まれた台湾の同じ海の男の歌があり・・・優しくのびやかで力強く、台湾のファンにもなってしまいました。



真ん中がスミンさんで、斉吉あかりちゃんと和枝デス。


ご飯の差仕入れは写真をとるのさえ忘れてしまいましたが、斉吉チームはあかりちゃんと陽子さんとひろみさんで、おにぎりと金のさんま、気仙沼大島の昆布と油揚げの煮物、仙台麩となすの揚げ煮、トマトなどなどを準備し、食べていただきました。


スタッフの皆さんにも喜んでいただけて良かった。

 

それと・・・また、あかりちゃんですが、仙台の泉ビレッジで、少しですが初めて【金のさんま】を販売しました。


 

大雨でしたが お客様の前に立って 販売ができる事が嬉しく有難かった1日です。 

 


9月7日からは、いよいよ伊勢丹新宿本店での販売です。


商品のほかにも包装資材のデザイン等の打ち合わせも重なり、いよいよ忙しくなってきました。震災の直前3月8日まで販売させていただいていた場所に、また新たな気持ちで戻ることが本当に楽しみです。


首都圏のお客様にもお会いできる事を心待ちに準備をしています。


斉吉商店 斉藤和枝

2011年8月4日 14:00【斉吉商店】 青森と北海道の産地訪問(2)

 被災地からのレポート

皆様、こんにちは。

 

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。感謝です。

青森に続く北海道をご報告する予定でしたが遅くなりました。

 

先週は、おかげさまで、斉吉商店ファンドへご出資いただいた方々へ、初めにできた【金のさんま】をお届けすることができました。我が子を外に出すような心配も少しありましたが、皆様から喜んでいただき、少しほっとしております。

 

それから、今日はまた嬉しい報告です。

 

中小企業基盤整備機構さんで建てる仮設工場の建設が決まり(本当におかげさまです)、今日から既存倉庫の解体が始まりました。

 

 

 

 

仮事務所の前は重機が入って騒音ですが、嬉しい音です。

 

 

さて、北海道釧路で会った【さんま様】です。

 

 

 

 

今年は北海道のさんまのお世話になることが多いでしょう。

 

厚岸の牡蠣も見に行きました。

 

 

 

厚岸の牡蠣のほとんどが宮城種です 今は在来種の復活もされ、かきえもんブランドは有名ですが。たくさんの牡蠣のお母さんが宮城なのです。

 

 

それから、厚岸保田水産の社長さんご夫妻と・・・

 

 

 

 

毎年いただくとびきり美味しい奥様の手作りいくら醤油漬けの話で盛り上がり、卵が活きているうちにたれを吸わせなければならないとのことで、11月また教えてもらう約束をしました。

 

 

最後に。

 

 

 

 

テレビ東京さんがずーっと同行取材をしてくださいました。3日間お世話になりました。失礼もお許しくださいますよう。

 

 

それでは またご報告いたします。

次回は気仙沼でのスミンライブでのケータリングの話と仙台で復興市に出店の事を。

 

斉吉 斉藤和枝

2011年7月25日 17:00【斉吉商店】 青森と北海道の産地訪問(1)

 被災地からのレポート

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

 

711日から15日まで、急ぎ足でしたが、青森の陸奥湾から大間、北海道函館→道東→オホーツクまで魚を見に、また産地の現場を見に行きました。

 

今週は、青森の報告を・・・・

 

まず出発の朝、安波山からの気仙沼湾です。痛々しい姿ですが、山と海の美しさは変わりません。

行ってきます!(この景色、現実に自分の目で見ている時より、気仙沼の外に出ていて思いだす時のほうが可哀そうに思うのです。だから、外にいる人へ余計に心配をかけているんではないかと・・・そんなことを考えました。)

 

 

 

陸奥湾です。天気も良く、素晴らしい。

 

 

特にホタテを見ました。

 

 

 

宮城県は帆立養殖の南限といわれています。後で行くオホーツクは地まきですが、ここは気仙沼と同じ垂下式。そして規模が大きい!でも帆立の顔を見ると、海の様子が違うことが分かる。貝に付着している海藻が違うし、食べた時の食感も違う。

 

泊めていただいた菅沼商店さんで、ごちそうになったアワビと帆立。抜群に美味しかった。

 

 

これまでの気仙沼は様々な魚介類が揃いました。そして水揚げしたばかりの産物を原料にすることができました。本当に恵まれていたのです。

 

これからしばらくは他の産地とも連携をしなければならないと考えています。でも、それが逆に、すべてがあった時よりも、外からも気仙沼を見る機会になり、いろいろな 工夫が生まれるもとになるのではないかと考えています。他の産地では、震災前の気仙沼にあった悩みと同じ事が、つぶやかれれる事もありましたし、学びたい素晴らしい事も山ほどありました。

 

自分たちの再生の姿を鮮明にしていくための本当に良い時間となった5日間でした。

 

陸奥横浜の菅沼商店さんに深く感謝!お世話になりました。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

次回、大間→函館をご報告します。

 

斉吉商店 斉藤和枝

 

2011年7月20日 19:30【斉吉商店】 糸井重里さんが斉吉商店を訪問

 被災地からのレポート

青森から北海道へ、行ってきました。他の産地の魚を見たり、現場でのお話を聞いたりするためです。それは、またこの次、ご報告させていただくとして、今回はやはり「糸井さんが来てくださった」話です。


糸井重里さんと糸井重里事務所の小池さん、奥野さん、田口さん、それに、マガジンハウスの岡野さんが、私たちが仕事をしている江刺のキッチンセンターへ来てくださいました。



糸井さんが斉吉商店ファンドに出資いただいていることが、この日わかりました。本当に有難いことです。ちょうど、この日ファンドにご出資いただいている投資家のお客様向けの商品を準備していたので、糸井さんにはご自分のところへ行く分をご自分で袋入れをしてもらいました。



その後、お昼は斉吉のみんなも一緒に、金のさんまと気仙沼で水揚げされたカツオのたたき(これは、うちのシャチョーの十八番)でお昼を食べました。




食べながらの雑談の中から 新しい商品の話に・・・・・。



私たちは帰りの車の中で、新商品にする妄想で頭の中が膨らみ、気持ちも希望で膨らみ、ちょっと加熱!だめだめ。落ち着いて、一呼吸おいて、来週、少しやってみっぺしということに。


糸井さんは震災の日の話を丁寧に聞いてくださったり、気仙沼弁を覚えてくださったり、嬉しく有難い良い日でした。
それに、しばらくぶりで気仙沼の魚をお客さんに食べてもらえたし。


このページをご覧くださった皆さん


ばばばばばーっ。なんと、ありがだいごどぉ・・・・

 

2011年7月15日 22:00【斉吉商店】 出資者の皆様の声を掲載

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの神谷です。


通常は、斉吉商店の斉藤専務からお便りをいただいておりますが、今回は、「斉吉商店ファンド」にお申込いただいた皆様からの声を掲載させていただきます。ご一読いただければ幸いです。


・少しでもお役に立てばと思い出資することにしました。一日も早い復旧をお祈りします。


・ファンドには興味がなかったのですが、ビデオを拝見して、被災したとは思えない笑顔と力強いメッセージに心打たれ応援したくなりました。社長さんの誕生日にタレを見つけて贈るような恵まれた社員さんたちと一緒なら必ず再建できると思います。いつかおいしい海鮮丼を食べられる日を楽しみにさせていただきます。


・斉吉商店の再開を心から待っております。斉吉商店、フォーエバー!!!


・当方、阪神大震災を経験しました。公的な支援は思うほど受けられません。被災した方々へ支援と事業再開への希望を与えるこのファンドに共感しました。


・被災された個人ではなく、会社を支援したいと思っていたのでちょうど良いファンドでした。今後、対象の会社が増えるとうれしいです。


・今まで義援金は個人にしか送られなかった企業に対する支援が無かったのでこのファンドに申し込みました復興することを信じています


・初めての参加(投資)なので楽しみです.お金で元気が出ることもあるでしょう.でも,「ガンバレ」の声だって捨てたものでは無いはずです.お金に気持ちを乗せてお届けしたい.


・復興には地域産業の再生が不可欠です。このような形で復興の支援ができることを知り参加しました。もっと簡単な手続きで参加できるとなお良いと思います。地域の復興のために頑張ってください。


・復興は大変な道のりだと思いますが、寄付だけでなく地元の事業家の方ががんばられた時に、本当に元気になるのではないかと思い、期待を寄せています。ファンドを購入するくらいしかできることがありませんが、応援しています。がんばってください。


・大した事は出来ませんが,少しづつでも何かをしたいと思っている人間は少なくありません.皆で支え,応援し,共に斉吉商店さんの復活を喜びたいと思います.どうか無理なく頑張って下さい.


・相手の顔の見える支援をしたいと考えていました。ファンドの趣旨に賛同し応募しました。老舗の復活に向けて、少しでも力になれればと思います。


・被災地支援だけでなく、商品がとてもおいしそうです。店舗再開の折には、ぜひお店を訪ねていきたい。応援します。


・初めて、ファンドを購入させて頂きます。少しでも、復興の役に立てばと思っています。自分自身も頑張るために購入させて頂きます。


・GW中に、南相馬市から八戸市まで、駆け足ですが、自分の目でいろいろと見たりしてきました。その中で自分には何ができるだろうか?と考えた結果、このような形で参加させていただくことにしました。寄付や義援金だけではないこの形に共感しています。とっても微々たるものですが、なんか一緒に歩いて行ける気がして・・・


・両親が宮城県出身で、今も兄夫婦と親戚が宮城県在住です。海側ではなく山側に居住地があるため、大きな災害は免れましたが、復興支援に向けて、何かしらの応援ができないかと思っていました。日本赤十字に義援金・支援金を送るのも一つの方法でしょうが、もっとパーソナルな形での支援、たとえば大好きな海鮮商品を取り扱ってくれている会社がダメージを受けているようだったら、その再開の一助となるような支援ができないかと思っていたところに、今回のプロジェクトを知り、これだ!と思いました。できることを少しずつやっていく中で、今回のファンドもその一つに加えられたことをうれしく思っています。


・金のさんまをお土産でいただいたことがあります。また販売を再開できる日まで応援します。


・震災関連のニュースはたくさん見ましたし、赤十字の義援金もさせていただきましたが、本当に震災から生活を立ち直らせるには、また新たなビジネスを立ち上げ、雇用と消費を生み出すしか手段が無いと感じ、その手段を探していた矢先、あのテレビ東京のWBSを見させていただきました。 斉吉商店さんの前向きで、力強い姿勢に非常に心打たれ、わずかですが出資させていただきたく応募しました。 あの方なら、必ずこの困難を乗り越える力があると信じます。なにかそう思わせる力を感じました。どうか早く商売が軌道に乗り、地域の希望になれるよう切に願います。

 

2011年7月7日 19:30【斉吉商店】 「金のさんま」の生産準備完了

 被災地からのレポート

暑い日が続いていますが、皆様いかが過ごしでしょうか。
私たちは、おかげさまで元気です。


今週は、仕事が始められた事の報告ができるので、パソコン打つのも軽快!です。

 

 
奥州市江刺のキッチンセンターをお借りして「金のさんま」を炊きました。スタッフは朝7時に集合しましたが、みんな良く眠れなかったと、緊張を口にしました。
シャチョーはさすが! 「熟睡した」とのこと。震災から112日ぶりでした。こんなに長い間、さんまを炊かなかったことがありません。 今回は環境も変わります。




それにテレビ東京さんとNHKさんの取材もあり・・・「炊きあがったら泣ぐなよ・・・」とシャチョーに言われてましたが、もう・・・緊張でそれどころではなく、泣かないですみました。

出来上がりもまずまずで、本当に安心しました。ガス台の火力むらの塩梅やサンマのカットの調整などなど改善する項目がわかりましたので来週からは100パーセントに限りなく近づくことと、思います。


帰りは安心して ソフトクリーム。

 


隣にヤギもいました。



皆様のおかげです。本当に力強い応援のおかげです。ありがとうございました。

 

斉吉

2011年6月30日 19:00【斉吉商店】 「金のさんま」の再開に向けてスタッフ集合

 被災地からのレポート

今週のお便りです。

 


工場のスタッフが揃いました。(仕事の都合や二次避難をしていて集まれない人も何人かいましたが)
ほんとに、「ホット」する時間でした。みんなの元気な顔に会えて、嬉しい嬉しい日です。
社長からは、今週末から待望の「金のさんま」炊き始めるよという報告と、これからの斉吉の進む道の話。
その後、みんないろいろなことを言い合って 「うるさいごど あんだだまってらいん」(静かにして)と、本調子の様子。
いいぞ いいぞ ・・・

 

 


変わってこちらは大漁旗を干す母です。「この方に!差し上げたい」というお客様が見えた時のためにと、泥から救出して何枚も洗って干しています。


つけたし・・・・
今日、雑誌「商業界」が届きました。取材をしていただいていましたが、8月号、開けて仰天・・・
ええーっ!表紙です。

 



おかげさまで、来週は仕事がはじめられた報告ができることと思います。
応援いただき、心から感謝。

斉吉商店 斉藤和枝

2011年5月10日 00:55【斉吉商店】 金の「吉」を発見しました!

 被災地からのレポート

ミュージックセキュリティーズの杉山です。
気仙沼に出張中で、斉吉さんの所にもお邪魔しました。

事業の進捗を伺ったところ、
当初工場を建てたいと思っていた土地は、
すぐには工場を立てられない土地であることがはっきりしたそうで、
現在、検討している別の候補地を見せていただきました。

saikichi1
(テレビの取材も受けました。12日のワールドビジネスサテライトに紹介される見込みです!)

また、噂には聞いていましたが、
最近発見された斉吉商店の「吉」の本物を見ることができました。

saikichi

「最近どうですか」の問いに対して、専務が銀行に融資の相談行った時のお話を聞きました。

「(持っていった)決算書や資産表には何の価値もなくなってしまった」
「今こうしてファンドを通じて個人の方とつながっていることが、何よりの後ろ盾に感じた」

すごく嬉しかったです。
ファンドはまだまだ動き出したばかりですが、もっともっと力になれればいいな、と思いました。

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 働く親の「困った」に応える保育園ファンド
  • 通潤酒造 新しい物語ファンド
  • 超音波けんこうアルファ ファンド
  • 【夏季限定】完熟いちごジェラート3アイテムセット