セキュリテ寄付

熊本の高校生のための下宿事業を支えよう2018年1月24日 12:52

追加募集いたします

当初目標の「人が住める最低限の環境を整える為の工事費」であった500万円が集まり、お陰様で今現在でも下宿事業を継続する事が出来ています。しかしながら、最低限の環境確保する目的の為の工事であったので、実際工事を行った後に、雨漏りと下宿の風呂場及びボイラーの故障、緊急時の火災報知器の破損等、徐々に問題が発覚して参りました。

壁紙(クロス)や襖、エアコンの室外機等、当時破損した物は、少しずつ修繕を行って参りましたが、深刻なのが、雨漏り・下宿の風呂場の破損及びボイラーの故障・緊急時の火災報知器の故障です。


▲ ボイラー・火災報知器の故障

現在、お風呂はホテルの浴場を使わせておりますが、洗い場が6つと決して大きなお風呂では無いという事と、やはり本業であるホテルの宿泊者の利用が制限され、クレームを受けるなど、事業に影響を来たしております。雨漏りは梅雨の時期や夏場等は特に酷く、カビが生え、衛生的にも良くない環境です。火災報知器も、今では個人宅にも設置義務がある様に、集団で生活を行う上で、無くてはならない物となっております。


▲ 風呂場の破損
 
現在、急ぎ雨漏りを止める工事を行っており、ボイラーも年内には設置出来る様、手配しております。風呂場のタイルは年内に間に合わず、年明けてからの作業となります。火災報知器も急ぎたいのは山々なのですが、機械取り寄せになる為、見積だけ出してもらい、納期・設置までには、まだ期間を要するそうです。
 
今回、震災の影響で発生した、追加工事の見積概算が以下となっております。
◆屋上・外壁防水工事
◆給湯器取り換え工事
◆火災報知器取り換え工事
計 5,540,000円

 
来年度も、下宿を希望される新一年生の保護者から、入寮希望の問合せが既にあります。
我々としても、当下宿があるから学校に通う事が出来る子供達の為に、そして、ご支援頂いた皆様のご厚意を無駄にしたくないという強い思いから、何としても、必要とされる内は下宿事業を継続していきたいと考えております。
 
未来を夢見る子供たちの選択肢を減らしたくない!
そういった気持ちで日々、下宿事業に取り組んでおります。
 
今回、全額の寄付は考えておりません。が、少しでも皆様方のご支援を頂かなければ、下宿事業の継続が本当に厳しいものになって参ります。
今回は、追加で工事費の約半額に当る、250万円の寄付を募集いたします。
皆さまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーー
旅籠はしもと
専務取締役 甲斐 義教


お申込・詳細をみる