セキュリテ熊本被災地応援ファンド

事業者さんのこだわり・思い2017年9月9日 13:00

阿蘇プラザ/ファンドセミナーに参加しました

9月5日、都内にある3×3Lab Futereにて『セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドセミナー&さんさん』が開催されました。被災地の現状、そして阿蘇プラザホテルさんのファンドについて、お話されました。

/data/blog/archive/original/38285.jpg
有限会社望蘇閣 代表取締役 稲吉淳一氏

稲吉氏は、佐藤オオキ氏とのリノベーション事業に対して、
これに賭けよう』という気持ちを強く伝えられました。

​阿蘇プラザ 五岳満喫nendoファンドー佐藤オオキ氏が復興支援。阿蘇の自然をまとう絶景のホテル

/data/blog/archive/original/38287.jpg
というのも、阿蘇では度々、人々の生活を脅かす災害が起こっていたためです。
2012年7月、記憶にまだ新しい九州北部豪雨。阿蘇地域では川の氾濫により、ホテル1階部分に浸水し、未曾有の甚大な被害を受けました。
そこから、再出発した矢先に起きた平成28年度熊本地震。道路寸断・土砂災害などにより、孤立してゆく阿蘇の様子は、当時テレビでもよく取り上げられていました。

度重なる自然災害を受け、悩んでいたときに、このファンドを始めることになったそうです。

世界的デザイナーでもある佐藤オオキ氏は、旅館の客室のように一部屋全体をデザインされることは初だそうで、非常に貴重な一室です。交流会の際には、リノベーション予定の客室の模型図も多くの参加者のみなさんが興味をもち、覗かれていました。
/data/blog/archive/original/38258.jpg
1泊だけではなく、3~4日宿泊していただくことこそが、復興支援とつながる。『泊まりに阿蘇に来ていただけることが、一番嬉しいこと』だとおっしゃっていました。そして、『この部屋から出たくないと思わせるようなデザイン』を依頼されたそうです。

/data/blog/archive/original/38260.jpg
また、阿蘇の金賞を受賞した牛乳の試飲も行われ、阿蘇のもつ自然や、畜産業についてもお話されていました。


/data/blog/archive/original/38288.jpg
五岳満喫nendoファンドは、阿蘇に世界を発信したい、という強い気持ちをもつ稲吉氏と佐藤オオキ氏による世界が日本に誇れるような旅館を創っていく過程に携われる機会でもあります。

ファンドの詳細については、以下のリンクより御覧ください。

​阿蘇プラザ 五岳満喫nendoファンドー佐藤オオキ氏が復興支援。阿蘇の自然をまとう絶景のホテル

熊本被災地応援ファンド